見たモノを動かせる、バーチャルリアリティ・グラス ーアニス・ウッザマン氏インタビュー 第三回

企業:

シリコンバレーのIoT事情を、アニス・ウッザマン氏に聞く第三回は、バーチャルリアリティの世界に感触をあたえる技術を実現するMETAというメガネだ。

 

【今後の予定】
第一回:シリコンバレーで8,000社以上のスタートアップを見つめる
第二回:IoTでヘルスケアが変わってきた
第三回:リアルとバーチャルを合わせた画期的なIoT製品
第四回:10秒後のあなたを予見する
第五回:米国ドローン事情
第六回:IoTで大流行のハイテクスーツケース

 

このメガネが1つあれば、パソコンも、スマートフォンも必要ない。

バーチャルリアリティの作り出す世界でキーボードをうてばよいのだ。

 

META

META

 

この技術によって、医療機器の練習や、フライトシミュレーションなど本当は高価な機材がないと試せないようなものも、家庭ですら試せるようになる。

試作から始まって現在META 1 DEVELOPMENT KITが入手可能だ。SDKも入手可能なので自分でもバーチャルリアリティ体験を作り出すことができる。

日本時間の本日15:00よりSDK1.3.2のオンライン説明が行われるので、興味のある方は申し込むと良い。

https://www.getameta.com/events

 

meta

ホームページには、実際にMETAで実現できる世界が表現されているので是非見て欲しい。

 

参考:META

 

Google Glassに端を発する、スマートグラスの分野は、様々な利用方法を見出しつつ成長してきている。

METAはバーチャルリアリティだが、チェスができたり、フライトシミュレータの運転ができたりと、ただ、見えるだけではなく、操作できることが面白い。

技術的にはかなり高度だが、すでにSDKをリリースし開発キットまで準備している状況で、製品としてもどんどん洗練されてきているのがわかる。

Previous

ブロードバンド推進協議会、利活用部会 第3回研究会「Pepperのビジネス利活用最新動向とその展望」を開催

りらいあコミュニケーションズ、クラウド型の音声認識ソリューション「りらいあボイスクラウド」を提供開始

Next