フューチャーアーキテクト、ウシオ電機向けにIoTプラットフォームを構築

フューチャーアーキテクト株式会社は、ウシオ電機株式会社向けに、IoTプラットフォームを構築した。

ウシオ電機は、「光源」、「装置」、「バイオメディカル」の主要3事業において、IoTやAI(人工知能)などの最新技術を用いたビッグデータの有効活用に本格的に取り組んでいる。機器や工場の設備をネットワークに接続して精緻なデータを一元的に管理し解析することで、生産効率や品質の向上はもとより新たな付加価値を創出して競争力を強化し、より安定した収益につなげようとしている。

フューチャーアーキテクトは、同社が開発したクラウド型サービス「Future IoT(※)」を活用して、ウシオ電機向けのIoTプラットフォームを構築した。生産設備をネットワークにつなぎ精緻なデータを収集・解析することで、品質にばらつきが生じる真因を追求し、生産工程における品質と作業者ひとり当たりの労働生産性を向上させ収益の増加につなげるという。

フューチャーアーキテクトは今後、ウシオ電機グループ国内外の主要工場にIoTプラットフォームを展開していく計画だ。

※ Future IoT:工場の製造工程における設備などから収集した大量のプロセスデータや稼働情報をクラウド上で統合管理してリアルタイムに分析できるようにするIoTプラットフォームサービス。
 
【関連リンク】
フューチャーアーキテクト(Future Architect)
ウシオ電機(USHIO)

Previous

FPTとシーメンス、IoTオペレーティングシステム「MindSphere」で協業

NTTデータが東京ガスのパートナーとしてAI/アナリティクス基盤サービスを提供、データ分析・活用を推進

Next