PSソリューションズ、農業IoTソリューション「e-kakashi」を、サッポロビール株式会社のぶどう園に導入

ソフトバンクグループ傘下のPSソリューションズ株式会社は農業IoTソリューション「e-kakashi」が、サッポロビール株式会社の自社ぶどう栽培会社であるサッポロ安曇野池田ヴィンヤード株式会社に採用されたことを発表した。

「e-kakashi」は圃場(ほじょう)の環境情報などを取得し、栽培をナビゲートするサービスだ。従来の勘や経験に基づく知見を独自の情報モデル※として吸収し、科学的な知見と合わせることで管理・蓄積し、実際の営農・栽培に応用する環境を実現することで、より精密な農業を可能にするという。

サッポロビールはワイン事業にも注力しており、長野県に保有するぶどう園で原料ぶどうの栽培に取り組む中、より高品質なぶどうの栽培をITにより支援するために、「e-kakashi」を採用した。PSソリューションズは、サッポロビール独自のパラメータを設定することで、同社の栽培技術に特化したデータ分析を可能にし、さらに栽培技術の高度化に貢献する。

※「ekレシピ」を指す。圃場の環境データに加え、植物生理学に基づいた分析結果や栽培履歴を蓄積し、一連の栽培ノウハウとしてまとめたもの。

「e-kakashi」について

PSソリューションズ、農業IoTソリューション「e-kakashi」を、サッポロビール株式会社のぶどう園に導入

「e-kakashi」は、栽培ナビゲーションを行う農業IoTソリューションだ。田畑などの圃場から、温湿度や日射量、土壌内の温度や水分量、CO2やECをはじめとする環境情報や生育情報を収集。収集されたデータは植物生理に基づいて分析され、生育ステージごとに重要な生長要因・阻害要因を特定。今どんなリスクがあり、どう対処すべきか、最適な生育環境へナビゲートする。また、栽培に関する知見は「ekレシピ」として記録、複数の利用者での共有が可能。栽培、栽培指導や農作業の精密化・効率化を実現する。

【関連リンク】
e-kakashi

Previous

Hacobu、事業者向け配送サービス「MOVO(ムーボ)」で見える化を実現

出光興産、「IoT技術活用による自主保安高度化技術に関する調査」の実証実験に参加

Next