ウイングアーク、富士ゼロックスの手書き文字認識技術による紙帳票の電子化で 製造業の設備保全を効率化するソリューションの提供を開始

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社は、独自の手書き文字認識技術を組み込んだ帳票処理支援ツール「ApeosWare Record Link」と、ウイングアーク1st株式会社が提供するビジネスインテリジェンス・ツール(BIツール)注1(Dr.Sum EA注2、MotionBoard注3)を組み合わせた「紙帳票による保全可視化ソリューション」の提供を開始した。

紙帳票に記録されている日常の設備保全データの分析活用を促すことで、効果的・効率的な設備の予防保全を実現し、メンテナンスコストの最適化と技術者の人材育成を支援する。

設備の予防保全は、安全性確保のために必須であるのみならず、メンテナンスコストを抑制するためにも、ますます重要になっている。予防保全をより効果的・効率的に行うためには日常の設備点検で集められたデータの有効活用が不可欠で、各種センサーやタブレット端末を活用したデータ収集方法が模索されている。しかし、製造現場によっては防爆の観点から電子機器の設置や持ち込みができず、依然として手書きで検査結果を記録せざるを得ないのが現状で、データが活用されないままになっているケースが少なくないという。

同ソリューションは、設備の点検記録などの紙帳票をスキャンし、富士ゼロックス独自の手書き文字認識技術でデータとして抽出注4、そのデータをBIツールを使ってグラフ化することで、設備の状態を可視化する。こうして集められたデータは、前年度のデータや同様設備との比較などの分析を行うことで、異常停止を未然に防ぎ、設備稼働率の向上を目指す。

また、日常の点検データを活用した設備状態のモニタリングを実現することにより、故障の発生が予測される時期に部品交換を行う従来型の「時間計画保全」から、取替基準に達した部品を適宜交換する「状態監視保全」へ切り替えることが可能となり、メンテナンスコストの最適化を図ることができるという。さらに、技術スタッフや設備オペレーターが、データに基づいた分析や問題発見、改善策立案ができるようになり、設備や業務への理解が深まり、人材育成が図れるそうだ。

注1:ビジネスインテリジェンス・ツールとは、企業に蓄積された大量のデータを収集して分析するためのツール
注2:ウイングアーク1stが独自開発したデータベースおよびレポーティングツール
注3:ノンプログラミングで、複数の情報源からデータを集め、概要をまとめて一覧表示するダッシュボードツール
注4:富士ゼロックス竹松事業所での実証データでは、手書き文字の認識率は、99.7%。

提供価格

ApeosWare Record Link 1.1 基本パッケージ*1 :2,000,000円
Dr.Sum EA Premium*2 :2,500,000円
MotionBoard for Dr.Sum EA*3 :1,500,000円
設計・構築支援サービス :別途お見積り

*1  帳票10,000レコード分のデータ保管が可能
*2  最大データ件数:2,000万件、同時実行数:7のモデル
*3  10ユーザーライセンス分が含まれる

【関連リンク】
紙帳票による保全可視化ソリューション

Previous

富士通、AIで作業員の熱ストレスレベルを推定するアルゴリズムを開発

清水建設、ロボットと人がコラボ「シミズ スマート サイト」を構築、70%以上の省人化を目指す

Next