コヴィア、クアッドコア1.3GHzにAndroid6.0を搭載したGPSトラッカー/IoTゲートウェイ「Acty-G1」を発売

株式会社コヴィアは、SIMフリースマートフォンの技術を応用し、クアッドコア1.3GHzにAndroid6.0を搭載した組込みデバイスとして、GPSトラッカー+IoTゲートウェイ「Acrty-G1」を開発した。同製品は2017年8月より希望小売価格19,800円(税抜)にて発売開始する。
 
「Acty-G1」は、クアッドコア1.3GHzにAndroid6.0を搭載したGPSトラッカーである。スマートフォン技術を応用しており、高い処理能力を持つ。また、Androidを搭載しているため、アプリの開発や外部デバイスとの連携など機能拡張が容易な点が大きな特長だ。その他の特長は以下の通り。

  • ハイブリッド測位技術「Actyエンジン(※1)」とセラミックアンテナの採用により高い受信感度を実現
    「Acty-G1」には、Wi-Fi、Bluetoothの他に、3G/LTEモジュール、GPS、ジャイロセンサー、加速度センサーを搭載しているため、単体でGPSトラッカーとして利用可能。GPSは、セラミックアンテナの採用により高い感度を実現し、また、A-GPS、GLONASS、QZSSに加え、Wi-Fi測位にも対応しているため、極めて高精度な位置情報が検出可能。さらに、同社独自のハイブリッド測位技術「Actyエンジン」は、GPSが受信できない場合の測位補完にも有効。
  • 3,800mAh大容量バッテリーを搭載。最大6ヶ月(*2)のバッテリー駆動が可能
    電源には、取り替えが可能な3,800mAhリチウムポリマーバッテリーを搭載。また、測位間隔が調整可能なので、細かくリアルタイムに位置情報を検出・収集する場合は測位間隔を短く、バッテリー駆動時間を長く運用するためには測位間隔を長く設定するなど、用途に合った適切な動作設定を選ぶことができる。
  • 標準仕様でIPX3の防水と-20~70℃の使用環境に対応。
    「Acty-G1」単体でIPX3の防水性能を持つ。また、外部ラバーカバー(別売)との組合せでさらに強度な防水防塵仕様を満たす。防水+バッテリー駆動に加え、背面には壁掛け用の穴が設計されているため、場所や対象物を選ばず幅広い用途で利用可能。-20~70℃の使用温度に対応しており、車載や過酷な使用環境での利用もできる。

また、「Acty-G1」は、 Beaconデバイスや各種センサー機器から収集した情報を束ねるIoTゲートウェイとして、日時や位置情報とともにデータをクラウドサーバーに送る。ゲートウェイ内に高いCPU処理能力を有することで、クラウドに送る前処理を行ったり、クラウドからローカルデバイスにデプロイして、末端に処理を分散し、クラウドとエッジの有機的な連動を実現し、応答性能の高い効率のよいシステムを実現するという。IoTゲートウェイとしての特長は以下の通り。

  • バックボーンにはWi-Fiと3G/LTE通信を採用し、管理サーバーとの通信を行う。バッテリー駆動可能で、3G/LTE対応のため設置場所を選ばない。
  • 常設の場合はバッテリーレスで動作可能な設計になっており、AC常時給電でも破裂や発火などのリスクもない。
  • Beaconは発信と受信の両方に対応。
    ・「Acty-G1」からBeacon電波を送信し、スマートフォンに搭載するアプリで現在位置を測位。
    ・「Acty-G1」が、Beacon端末が送信する電波を受信することにより、端末の位置を検出することができる。
    ・Bluetooth 4.0に準拠したレガシーモードに対応しており、一般のBluetoothデバイスとの双方向通信を行う。
  • Wi-Fiテザリング、Bluetoothテザリングにも対応。

※1 Actyエンジン :独自のハイブリッド測位技術による、スマートフォンレベルの高精度な測位機能。
※2 設定時刻になるとスタンバイ状態から自動復帰する機能を使用し、1日2回までの通信をした場合の目安。

【関連リンク】
コヴィア(Covia)

Previous

OKI、人との自然な対話を可能とするAI対話エンジン「Ladadie」提供開始

デンソー、レクサス新型LSに搭載される新型のステレオ画像センサー/ミリ波レーダーを開発

Next