フリースケール、ThreadとBluetooth® Smartを実行できるワイヤレス・マイクロコントローラを発表

「モノのインターネット(IoT)」向けワイヤレス・マイクロコントローラ・コネクティビティ・ソリューションのリーディング・プロバイダであるフリース ケール・セミコンダクタは、Thread対応IEEE® 802.15.4とBluetooth Smart/BLEの両コネクティビティを実行しつつアプリケーションも実装可能な、マルチモード無線マイクロコントローラ「Kinetis(キネティス)KW41Z」を発表した。

 

「Kinetis KW41Z」マイクロコントローラは、独自のプラットフォームにより、シングルチップでアプリケーションとコネクティビティをサポートする包括的なソ リューションを実現する。

KW41Zは、フリースケールの「Kinetis KW40Z」ワイヤレス・マイクロコントローラ・ファミリを強化したもので、最大で512KBのFlash、128KBのRAMにメモリが拡張されており、複数のネットワーク・スタックを単一のデバイス上で実行できるため、真のマルチプロトコル設計が可能になる。

また、最新のBluetooth v4.2仕様をサポートし、オンチップ・バランにより優れたRF性能を発揮する。

カバレッジの拡大、耐干渉性の向上、消費電力の削減、回路設計の軽減、 RFフロントエンド・コンポーネントの削減が可能になる。

 

「Kinetis KW41Z」マイクロコントローラは、単一のソリューションで多様な用途に対応できるため、サーモスタットやホーム・セキュリティ・システム、ドア・ロッ クなど、一般的な幅広い住宅設備を最先端のIoTシステムに変容させることができる。

KW41Zマイクロコントローラにより、アプリケーションの実行や Threadコネクティビティの追加が可能になり、さらに、スマートフォンやタブレットからBLE経由で各種システムを制御できるようになる。

また、 BLEを利用して端末をネットワークにセキュアに接続することができる(サイドバンド・コミッショニング)。

 

Kinetis Wシリーズ・マイクロコントローラとThreadを利用した設計に向けてフリースケールは、来月開催されるARM TechCon 2015において、BLE制御ロボットやBLE心拍計など、ワイヤレスIoTアプリケーションの実演を行う予定。この実演で使用する機器では、 「Kinetis KW40Z」マイクロコントローラをベースとしている。

KW40Zは、ARM® Cortex®-M0+コアに2.4GHzマルチプロトコル無線回路を統合しており、シングルチップでBLEと802.15.4の両ワイヤレス・プロトコ ルをサポートする。

KW40Zマイクロコントローラは、BLE 4.1に準拠しており、優れた低消費電力性能を備え、標準的なコイン電池で数年間の継続動作を実現する。

また、フリースケールは、「Kinetis KW24」ワイヤレス・マイクロコントローラをベースとするIoTセンサ・エッジ・ノード・リファレンス・プラットフォームの実演も行う。

KW24 は、ARM Cortex-M4コアにIEEE 802.15.4無線回路を統合しており、Thread、ZigBee PRO、ZigBee RF4CE、IPv6/6LoWPANといったプロトコルを実行することができる。

リファレンス・デザインをはじめとする各種デモ用の開発リソースについては、Webサイトを参照。

 

Kinetis KW41Zは、2016年第2四半期に特定顧客向けのサンプル出荷を開始する予定。

量産出荷は、2016年第3四半期に開始する予定だ。

 

【関連リンク】
フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社

Previous

メドピア、「Health 2.0 Asia-Japan」を開催 ~ヘルステックの注目スタートアップ5社の出場が決定、JALスポンサーによるピッチ・コンペティションを開催~

ヒューマンクレスト、ユーザーの感情と行動を可視化するアプリやウェブサイトのクラウド評価サービス「EMOLOG」を提供開始

Next