otta、菱洋エレクトロ、アイ・オー・データがIoT見守りサービスの充実を目指し協業

株式会社ottaと、菱洋エレクトロ株式会社、株式会社アイ・オー・データ機器(以下、アイ・オー・データ)の3社は、IoT見守りサービスの展開で協業を開始する。

児童・高齢者の見守りの担い手が減少し、より生産性の高い見守りサービスへの需要が高まっている中、ottaは、2014年11月にBLE(Bluetooth Low Energy)/ビーコンを活用したIoT見守りサービスを開始し、2016年4月より大阪府箕面市全域で、2017年秋より東京電力ホールディングス株式会社による東京都渋谷区全域での見守りサービスへのシステム提供を予定するなど、サービス展開地域を拡大している。

ottaと菱洋エレクトロ、アイ・オー・データの3社は、今回の提携により、専用基地局や携帯ビーコン端末の安定供給体制の確立に取り組むとともに、通信技術の進化を見据えた端末の開発を推進することで、さらなるサービスの充実を目指していくという。

【関連リンク】
オッタ(otta)
菱洋エレクトロ(RYOYO)
アイ・オー・データ(I-O DATA)
東電(TEPCO)

Previous

グレート・レークス・ブリューイング・カンパニー、ロックウェル・オートメーションの製造分析ソリューションでビールの高まる需要増加に対応

IBM、メインフレーム「IBM z14」の暗号化機能や機械学習を無償で利用できるプログラムを提供開始

Next