Neousys Technology、ARM製品をベースとしたIoT・インダストリアルIoTゲートウェイ「IGT-20」を発売

Neousys Technologyは、産業用グレードのARM製品をベースとしたゲートウェイ、IGT-20の発売を発表した。必要最低限の構成で提供されることが多いシステム・オン・モジュール(SoM)とは異なり、IGT-20はテキサス・インスツルメンツ製Sitara AM335xシリーズのAM3352をベースとしており、Debianがプリインストールされた、すぐに使用できるシステムとして販売される。

IGT-20は工業用であるという性質上、CEやFCCをはじめとするグローバルな産業認証、耐衝撃および耐振動認証に準拠している。また、通常5VDC対応のSoMとは異なり、IGT-20は8VDCから25VDCまで幅広い電源入力に対応している。

IGT-20のI/Oは幅広い工業用グレードセンサーに対応。USB2.0を1基、10/100M LANを1基、設定可能なCOMポート(RS-232/422/485)を2基搭載し、オプションでCANバスポートも利用可能。ポートだけではなく、絶縁デジタル入力チャンネルが4基組み込まれており、さまざまなセンサー、あるいはボタンやスイッチからの離散信号に対応する。さらにアクチュエーターやインジケーターを制御する絶縁デジタル出力チャンネルも4基組み込まれている。

通信面では、ミニPCIeスロットとUSIMホルダを備えており、取得データやシステムステータスを3G、4G、またはWiFi(ミニPCIe WiFiモジュール)で転送できるという。IGT-20本体上部には、ユーザーが無線モジュールのSMAコネクタを装着するための開口部がある。記憶媒体については、microSDHCデュアルスロット(内部と外部一つずつ)が搭載されている。これにより、ユーザーはシステムとユーザーデータを分けることができ、大量生産に向けたOSの導入を促進することができるという。

またゲートウェイとしては、6基のプログラム可能なステータスLEDインジケーターと2つのコントロールボタンがあり、ユーザーはキーボードやマウスを使わずにIGT-20を操作することができると発表した。

【関連リンク】
Neousys Technology
テキサス・インスツルメンツ(TI)

Previous

スマートファクトリーで本当にやるべきこと -FAプロダクツ 貴田氏インタビュー

グレート・レークス・ブリューイング・カンパニー、ロックウェル・オートメーションの製造分析ソリューションでビールの高まる需要増加に対応

Next