KDDI、ソラコムを子会社化

KDDI株式会社は、2017年8月1日に、株式会社ソラコムの発行済株式を取得する株式譲渡契約を締結した。今後、2017年8月下旬を目途にソラコムの株式を取得し、連結子会社とする予定だ。

ソラコムは、通信プラットフォーム「SORACOM」を提供する、IoT領域におけるリーディングカンパニーだ。

「SORACOM」は、通信とクラウドを融合し、IoT/M2Mに最適化された通信をリーズナブルかつセキュアに提供する。顧客は「SORACOM」のウェブコンソールやAPIから回線やデバイスを一括操作・管理できるほか、クラウド連携や閉域接続などの各種サービスを活用することにより、迅速にIoTシステムを導入・運用することが可能だ。

2015年9月に国内でサービス開始後、米国・欧州でもサービスを開始し、120を超える国と地域で利用可能となっており、利用実績は国内外合わせて7,000顧客を超えている。

ソラコムは、IoTエコシステムの構築にも力を入れており、パートナープログラム「SORACOM パートナースペース」には既に350社以上が登録している。また、テクノロジーに精通した技術者を多数抱え、IoTシステム開発を担うエンジニア向けの情報発信にも力を入れており、カンファレンスやセミナーなどの自主開催や、執筆、講演も多数実績を持つ企業で、国内外のIoTの普及、発展に大きく貢献している。

KDDIは、15年以上にわたるIoT/M2Mの提供実績を有し、スマートメーターや見守りサービスをはじめ、様々な産業においてモバイル通信サービスを提供している。今後、更なるIoTの普及拡大に向け、セルラーLPWA (LTE-M/NB-IoT) や、5G等の次世代ネットワークの開発、顧客のニーズに応じたIoTソリューションの提供など、IoTビジネス基盤の整備を積極的に進めていく。

両社は、KDDIのIoTビジネス基盤とソラコムの通信プラットフォームの連携により、国内はもとよりグローバルにも通じるIoTプラットフォームの構築を強力に推進していくという。

ソラコムCEO玉川氏も下記ブログで、報告している。

株式会社ソラコムのKDDIグループ参画について

Previous

IDC、世界ロボティクス関連支出額は、2017年に972億ドル、2016年から17.9%伸びる見通し、と発表

フォックスコンとロックウェル・オートメーションが提携し、IIoTソリューションをフォックスコンの消費者向け電子機器組み立て事業に導入

Next