独コンチネンタルとカナダのマグナ・インターナショナル、米ミシガン州とカナダ・オンタリオ州の公道480キロで自動運転車の試験走行を開始

米国ミシガン州とカナダ・オンタリオ州の480キロにわたる公道での自動運転車の試験走行が行われた。これは米国とカナダの国境間における初の自動運転車実験となった。

コンチネンタルとマグナ・インターナショナル社の自動運転車テクノロジーを搭載した2台の自動車 ―キャデラックATSとクライスラー300― は、7月31日、ミシガン州南東部を出発、オンタリオ州ウィンザーに入り、そこから北に同州サーニアに行き、再びミシガン州に戻る走行実験だった。自動運転車は、毎年自動車研究センター恒例のマネジメント・ブリーフィング・セミナーが開催されている終着地点のトラバースシティに到着。

自動運転車の試験走行としては初の米国・カナダの国境を越えるこの実証実験によって、コンチネンタルやマグナ社、およびミシガン州運輸省(MDOT)、オンタリオ州運輸省(MTO)は、多様な設定で自動運転技術をテストすることができる。両社は、今回の自動運転試験走行は、長年研究開発してきた技術を検証するのに役立ち、国境を通過する場合などの特殊な状況下で、どのような技術が今後必要となるかを知るのに有用だったと述べた。

コンチネンタルの「クルージング・ショーファー」機能を搭載した自動運転車は、交通規制に従って、さまざまな道路上での運転の仕事にとって代わることができるという。一旦、「クルージング・ショーファー」が起動されると、アシステッド&オートメ―テッド・ドライビング・コントロール・システム(支援運転・自動運転制御システム)と呼ばれる中央制御装置で分析されたデータを使って、実際の車両周辺、360度のモデルを作る。

高解像度地図と組み合わせて、このシステムは、動くものや静止しているもの、前方の道路のレイアウトなどすべてを認識する。この試験走行によって、車両の複数のカメラ、レーダーおよびライダー(LiDAR)センサーがどのように相互に作用するかを実証する。

この日の走行実験で、デトロイトとウィンザーを結ぶデトロイト・ウィンザートンネルでデトロイト川の下を通り、ミシガン州ポート・ヒューロンとオンタリオ州ポイント・エドワードをつなぐブルー・ウォーター・ブリッジの鉄橋を渡った。例えば、トンネルを通過する際には、GPSは十分に働かないし、鉄橋を渡るときには、レーダー・ライダーセンサーはさまざまの干渉を受ける。これらは、今後の自動運転技術の問題と言える。

「コンチネンタルは、自動運転を公道で5年以上にわたってテストしています。エンジニアリングのチームを米国、欧州、中国、日本の各地に配置して、運転と安全の機能が、チームによる一つの総合的な取り組みとして、各地域に容易に適応されることが保証されています」とコンチネンタル北米社長ジェフ・クレイ氏は言う。

この試験走行実験が終了後、オンタリオ州とミシガン州運輸省は、「コネクテッドカーおよび自動運転技術のテストと展開をさらに推進し奨励する」ことで合意した覚書(MOU)に署名した。覚書はさらに、「ミシガン州とオンタリオ州に雇用創出をもたらす経済成長を可能にして、両州の経済的利益や技術的進歩を支援する」ことで合意している。

これは、オンタリオ州とミシガン州が結んだ2回目の同様の合意で、今回の提携では、規則と規定、データの収集などについて検討している。

Previous

トヨタ自動車、Preferred Networksに追加出資

日産自動車、高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」搭載車の販売が5万台を突破

Next