トラベルバッグのプロテカ、日本初のIoT を導入した国産スマートラゲージ 発売

エース株式会社 は、日本製トラベルバッグブランド「プロテカ」より、IoT を導入し格段に使い勝手の良い日本初の次世代型国産スマートラゲージ『マックスパス スマート』を2017 年9 月15 日( 金) に発売する。

更に9 月15 日からの一般発売に先がけ、事前の先行販売も決定。8 月7 日(月) からソフトバンク株式会社が運営する「DoT.」サイト内で予約販売の受付のほか、9 月1 日( 金) からプロテカ日比谷店とエースオンラインストアでの先行販売も決定した。

近年のデジタル化の流れにおいて、旅行時もモバイル機器は必需品となり、その重要度やラゲージとの相互リンクを求める声は増す一方だという。

そこでエースはソフトバンクが2016 年3 月30 日より提供開始した、アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style」と、デザインオフィス「nendo(ネンド)」と共同で取り組む、デザイン特化型のIoT商品開発プラットフォーム「DoT.(Design of Things)」を活用。同製品は出張などでラゲージと共に移動する頻度が高い方をターゲットに、実際に利便性の高い機能を搭載した日本初の国産スマートラゲージを開発した。

ベースとなるラゲージのプロテカ『マックスパス』シリーズは、2011年9月の販売開始より、シリーズ累計6 万5000 本以上販売するプロテカでも高い人気を誇る、機内持込最大容量モデルだ。そのラゲージに、スマートフォンの充電切れにも対応できるバッテリーチャージ機能の搭載、充電時もケーブルが不要なコードリールの内蔵やスマートフォンと連携してラゲージとスマートフォンを相互に追跡できる、トラッキング機能をもたせた。

ラゲージとスマートフォンが連動し、不意に起こる置き忘れや紛失を未然に防ぐことができる、クラウドGPSトラッカ―の『 TrackR 』を搭載。Bluetoothでペアリングさせることにより、ラゲージとスマートフォンが連動。それにより不意に起こる置き忘れや紛失を未然に防ぐことができる。

TrackR機能詳細

(1)セパレ―ションアラート機能
セパレ―ションアラート機能により、Bluetooth を利用したうえで、ラゲージとスマートフォンが一定の距離より離れると、双方からアラートが鳴るので、不意に起こる紛失や置き忘れを未然に防ぐ。

(2)Crowd Locateで検索
Bluetooth 通信範囲外に置き忘れた場合でも、Crowd Locate を利用し、何万人にも及ぶ他のTrackR ユーザーを通して、無くしたラゲージの最新のロケーションを確認することができる。

(3)アイテムリンガー
スマートフォンから簡単にスーツケースのアラートを鳴らすことができるので、瞬時に居場所が分かる。

 
【関連リンク】
エース株式会社

Previous

CYBERDYNEとコヴィア、IoH/IoTに関する通信・デバイス事業の合弁会社を設立

Automotive Grade Linux の実用化に向けたIVI開発をルネサスの車載情報システム用SoC「R-Car」が実現

Next