PTCとGE、幅広い戦略的アライアンスによりブリリアント・ファクトリー事業を推進

【概要】
■GEのマニュファクチャリングソフトウェア製品の中で、PTCのインダストリアルIoT(Industrial Internet of Things:IIoT)アプリケーションThingWorx®の実現環境を利用するGEのブリリアント・ファクトリーを構成するソリューションを共同で提供
■両社の営業・マーケティング部門がグローバルで連携し、一体化されたマニュファクチャリングソリューションに関わるデジタルマニュファクチャリングのビジネスを共同で推進
■共同ソリューションはGEのブリリアント・ファクトリーの取り組みを加速。すでにGEの多くの事業所で運用されており、これからグローバルに展開する予定
■PTCのThingWorxはPredixパートナーコミュニティのメンバーに

 

PTCの日本法人であるPTCジャパン株式会社と日本GE株式会社は、本日10月22日、GEとPTCが、GEのブリリアント・ファクトリーを構成する革新的製造ソリューションを共同で推進するとの米PTCの発表を明らかにした。

GEブランドを有するこの新たな製造ソリューションは、PTCのインダストリアルIoT(Industrial Internet of Things:IIoT)アプリケーションThingWorxの実現環境機能を活用する。

それにより、GEのソフトウェアと統合された柔軟なダッシュボードや強力なデータ解析機能を有する産業向けに強化された工場向けソリューションが提供されることになる。

 

この共同ソリューションは、工場の現場からERPまで様々なシステムを接続し、ダッシュボードや一般的になっているドラッグ・アンド・ドロップ機能が利用できる差別化されたユーザーエクスペリエンスを各ユーザーの役割に応じた形で提供するソリューションだ。

GEとPTCは、製造業の営業・マーケティング組織をグローバルで連携させ、協力してグローバルビジネスを推進していく。GEは、今回のGE-PTCの共同ソリューションはGEのブリリアント・ファクトリーの取り組みとしてGEの工場にも展開される。

 

GEのブリリアント・ファクトリーにPTCのThingWorx技術を活用することで、以下を含む強力な製造最適化機能を提供する。

• ユーザーの役割・職種に対応する製造ダッシュボードに製造関連KPIをリアルタイムで提示
• 全工場におけるKPIモデルの標準化と様々なシステムへの接続
• コラボレーション、警告、通知、対処法を提示するデータにより、より豊富な情報をもとに意思決定が可能に

GEとPTCは、Predixパートナーコミュニティ向けThingWorx認証についても協力していく。

 

・詳細情報はこちらのサイトを参照。

また、10月27日火曜日にTKPガーデンシティ品川にて開催するPTCジャパン主催イベント「PTC LiveWorx Japan」にて、【G-4】『「ブリリアント・ファクトリー」を支えるIoT ~GEの工場でも採用されたGE-PTCの共同ソリューション』と題して、同リリース内容に関連した講演を行う。詳細・お申込みはこちらのサイトへ。

 

【関連リンク】
PTCジャパン株式会社
日本GE株式会社

Previous

BSA、IoTとサイバーセキュリティ国際会議で提言

丸紅情報システムズ、BLE Beaconデバイス「RapiNAVI Air2」をEddystoneに対応

Next