ABEJAとNRAが協業し、「ABEJA Platform for Retail」の セキュリティを一段と強固に

ディープラーニングを活用し産業構造の変革をサポートする株式会社ABEJAと日本RA株式会社(以下「NRA」)は、2017年8月21日業務提携を行い、ABEJAが開発・提供する「ABEJA Platform for Retail」の認証強化を目的とし、NRAが開発・提供する「NRA-PKIクライアント証明書」を導入することで合意した。

ABEJAは、AIのブレークスルー技術であり、蓄積されたビックデータから人間の手を介さずしてそのデータを適切に表現する特徴を自動的に見つけ出す「ディープラーニング」を活用した解析プラットフォーム「ABEJA Platform」を提供している。

また、これまで、ディープラーニングを活用し実店舗における様々な情報を収集・解析・可視化する「ABEJA Platform for Retail」を、小売・流通業界を中心に、国内の300店舗以上(2017年8月末時点)に提供しており、店舗運営の改善に資するソリューションを提供している。

昨今、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方への取り組みが進み、PC、タブレット、スマートフォン等、様々なデバイスからクラウドサービスへアクセスすることが増加するに伴い、不正アクセスや情報漏えいによる企業リスクも増加している。

NRA-PKIクライアント証明書は、これらの課題を解決するソリューションであり、アクセスを許可したユーザー端末にネットワークを通じて配付、インストールされるため、紛失のリスクや、煩わしいID/パスワードの管理の必要もなく、簡潔でセキュアなログインが可能となる。

ABEJAが提供する「ABEJA Platform for Retail」は、これまでも、充分なセキュリティ機能を提供してきたというが、よりセキュアに「ABEJA Platform for Retail」を利用したいというクライアントニーズに応えるため、認証セキュリティに特化した技術を持つNRAと協業し、より強固なセキュリティ機能の提供を実現する。

NRAとABEJAは認証対策に関するノウハウの提供および技術支援を行い、両社間で案件協力やマーケティング活動を開始し、初年度200社への導入を目標とする。

Previous

ドイツの工作機械メーカー発のIoTプラットフォーム「AXOOM」で始める”ものづくり”の改革 ー株式会社エフエーサービス 麻生氏インタビュー

無駄なデータをクラウドにあげない。エッジコンピューティングを簡単導入できる「SALTYSTER connect with Microsoft Azure」をソルティスターが提供開始

Next