スマート・セキュリティのSecual(セキュアル)、株式会社LIXILと資本業務提携し、住宅向けIoT次世代製品の共同開発を開始

​株式会社Secualは株式会社LIXILと資本業務提携を行い、IoTを活用した住宅向けの次世代製品を共同開発していくことで合意した。

同社は、不審者が窓やドアから侵入を試みる際の振動・衝撃を検知し通知するスマート・セキュリティ・サービス「Secual」を手掛けており、当サービスを通じて培った技術や知見を基に、昨年度開催された「LIXILアクセラレーター・プログラム」*1にて「アライアンス賞」を受賞、その後も住宅製品におけるIoT技術の活用についてLIXILと共に検討を進めてきた。

今回LIXILを引受先として第三者割当を実施することで、より緊密な協業体制の構築と製品・サービス開発のスピードアップを図る。その第1弾として「次世代の窓」をコンセプトとした一般住宅向け窓および周辺製品の企画・開発を開始している。

*1 LIXILアクセラレーター・プログラムについて
「LIXILアクセラレーター・プログラム」とは、株式会社LIXILグループが運営し、「First Place Innovation」をキーワードに、次世代に向けて残す大切な場所として、自宅を中心とした生活を営む場所である「First Place」をイノベートすべく、ベンチャー企業や中小企業が持つアイデア、スピード、行動力、覚悟とともに、世界中の人々のより豊かで快適な住まいと暮らしの実現を目指す「リビングテクノロジーアクセラレータープログラム」。

Previous

三井情報、ルーターやエッジコンピューティング(AI制御)等の機能をワンボックス化した、「MKI Intelligent Gateway」を含む「MKI IoT基盤」を提供開始

LoRaWAN, SIGFOX, NB-IoTなどの、LPWAの特性とビジネスへの可能性 -情報通信総合研究所 岸田氏インタビュー

Next