NXPと長安汽車、インフォテインメントと未来の自動車技術に関して協力

NXP Semiconductors N.V.は長安汽車との戦略的提携包括協定を締結したと発表した。

中国の重慶に本社を置く長安汽車は中国最大の自動車メーカーの1社だ。長期協定は複数のフェーズにわたって実施される。

第1フェーズの注力分野は未来の車載半導体向けの優れたインフォテインメント、製品、ソリューションの提供と業界標準の策定だ。第2フェーズでは長安汽車がモバイル・インフォメーション・ハブへの自動車のさらなる転換を実現するため、NXPのV2X(車車間/路車間)通信、近距離通信(NFC)認証、先進運転支援システム(ADAS)を採用し、共同研究開発を推進する。

長安汽車はNXPのi.MXアプリケーション・プロセッサ・ファミリを活用し、広く普及しているインフォテインメント・システムを構築している。包括協定により、長安汽車はシステムをNXPの次世代i.MX 8プロセッサにアップグレードするとともに、Diranaカー・ラジオ・チューナー/DSPファミリ(SAF775x)、オーディオ・アンプ、パワーマネジメントIC、CANトランシーバも採用する。

【関連リンク】
NXP Semiconductors

Previous

FlyData、Industry IoTおよびAI分野に参入

DeNA、タクシー配車アプリの実用実験を開始。AIによる需要予測でドライバー支援も実施

Next