ネスレ、コーヒーマシンと専用タブレットをセットにしたIoTサービス「ネスカフェ コネクト」をリリース

ネスレ日本株式会社(以下、ネスレ)は、コーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタi[アイ]」(以下、「バリスタi[アイ]」)と専用タブレットをセットにしたIoTサービス「ネスカフェ コネクト」をリリースした。

このサービスでは、利用者が「バリスタi[アイ]」と専用タブレットを自宅にセットし、タブレット画面にいる「エージェント」に話しかけるだけでコーヒーを淹れることができたり、離れて暮らす家族とのメッセージ送受信(設定したLINEアカウントとメッセージやり取りができる)や、情報検索などを音声で行うことができる。

スマートフォンなどを所有していない高齢者にも利用しやすい、日本で独自に開発した新しいサービスだ。また、顔認識技術によって利用者の顔を認識し、「エージェント」から個別にアクティブなコミュニケーションもできる。タブレット画面にいる「エージェント」は、ソニーモバイルコミュニケーションズが開発した「ソニーエージェントテクノロジー」を使用している。

「バリスタi[アイ]」、専用タブレットおよびサービスあわせて月額500円(税込)。コーヒーを飲んだ杯数を自動でカウントし、在庫が無くなる前に専用カートリッジ「ネスカフェ ゴールドブレンドエコ&システムパック105g」3本セット(156杯分、¥2,220(税込))が自動的に届く仕組みだ。

ネスレ、コーヒーマシンと専用タブレットをセットにしたIoTサービス「ネスカフェ コネクト」をリリース
利用シーン
「離れて暮らす家族をつなぐ/高齢者の見守り」
ネスレ、コーヒーマシンと専用タブレットをセットにしたIoTサービス「ネスカフェ コネクト」をリリース
メイン音声操作機能(抜粋)

【関連リンク】
ネスレ(Nestlé)
ソニーモバイルコミュニケーションズ(SOMC)

Previous

JAL、KDDIなど4社、機内でのVRサービス実証実験を開始

MicrosoftのMRに対応したヘッドマウントディスプレイ Lenovo Explorerと DELL VISOR ーIFA2017レポート⑤

Next