DeNAとヤマト運輸、自動運転による宅配を見据えた「ロボネコヤマト」の実証試験対象エリアを拡大

株式会社ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)とヤマト運輸株式会社は、2017年4月17日より神奈川県藤沢市の一部地域で行っている「ロボネコヤマト」の実用実験について、2017年9月11日より対象エリアを拡大すると発表した。

「ロボネコヤマト」は、車内に保管ボックスを設置した専用EV車両を使用し、AIによる配送ルートの最適化を行うことで、配達の時間帯を10分刻みで指定できる次世代物流サービスだ。

宅急便の荷物を望む時間帯に望む場所で受取ることができるオンデマンド配送サービス「ロボネコデリバリー」と、地元商店の商品を事前にインターネット上で一括購入し、運んでもらうことができる買物代行サービス「ロボネコストア」の2つのサービスを、対象エリアに住む顧客に提供している。

4月の実験開始以来、体験した顧客のリピート率は4割以上。やはりPCやスマートフォンから手軽に再配達時間の指定や買い物ができることが理由だという。

今回、新たに辻堂元町、辻堂太平台、辻堂、辻堂西海岸の4地区を対象エリアに追加したことにより、「ロボネコヤマト」を利用可能な住民の数はこれまでより約31,000人多い約61,000人となる。

DeNAとヤマト運輸は2018年3月末までの実用実験中により多くの顧客にサービスを提供し、広く多様な意見を集めながら社会に受け入れられるかどうかを検証していくという。

「ロボネコヤマト」対象エリア

既存エリア: 鵠沼海岸1丁目~7丁目
       辻堂東海岸1丁目~4丁目
       本鵠沼1丁目~5丁目

新規エリア: 辻堂元町1丁目~6丁目
       辻堂太平台1丁目~2丁目
       辻堂1丁目~6丁目
       辻堂西海岸1丁目~3丁目

(人口約61,000人、26,000世帯)

【関連リンク】
ディー・エヌ・エー(DeNA)
ヤマト運輸(YAMATO TRANSPORT)

Previous

Sassor、設備機器の稼働/異常状態を推定するプロトタイプを開発

NTTデータ、ISCAS、中国・貴陽市政府の3者、IoT/ビッグデータ分野で先進技術研究院を設立

Next