ファーウェイ、企業のデジタルトランスフォーメーションに向けた6つのソリューションを発表

ファーウェイ(HUAWEI/華為技術)は、『HUAWEI CONNECT 2017』(9月5~7日、中国・上海)において、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援する6つのソリューションを発表した。

同発表は、ファーウェイ プロダクト・ソリューション グループ ITプロダクトライン バイスプレジデントである黄瑾氏(ジョイ・ファン)より、「すべてがつながり、すべてがクラウド化し、すべてがインテリジェントに(All Connected, All Cloud, All Intelligent)」と題した基調講演において行われた。

ハードウェア、ソフトウェア、データ、接続、アーキテクチャ、ハイブリッドクラウドの6つの領域におけるソリューションがそれぞれ打ち出された。詳細は以下の通りだ。

●ハードウェアのイノベーション:

同社は、同じく『HUAWEI CONNECT 2017』でインテリジェントなクラウドハードウェアプラットフォーム「Atlas」を新たに打ち出した。パブリッククラウド、AI、HPCの利用シーンにおいて、「Atlas」はヘテロジニアスなリソースプールとインテリジェントなオーケストレーションを使用してGPU、ハードディスク、SSDのリソースをプールする。

このプラットフォームでは、オンデマンドなハードウェアリソースを提供してさまざまなサービスモデルの要件を満たし、リソースの利用効率を2倍にすることが可能。また、論理サーバーを数秒以内に展開できるため、サービスの迅速な展開にも対応できるという。

●ソフトウェアのイノベーション:

「DevCloud」では、ファーウェイクラウド上でツール、機能、処理サービスを使用できるようにし、ファーウェイのこれまでに蓄積した開発経験を企業と共有することができる。

●データのイノベーション:

ファーウェイクラウドの企業向けインテリジェンス(Enterprise Intelligence、EI)サービスは、ディープラーニング、グラフ分析、検索などのプラットフォームサービスを提供するだけでなく、画像のタグ付け、インテリジェント監査、グラフ再構成、OCRによる税関申告の自動処理、インテリジェント梱包などのAIサービスも提供し、企業のスマート化を可能にする。

また、分散型ITアーキテクチャに対する企業の要件に対応するために、ファーウェイはオンライン分析処理(OLAP)の企業向けデータウェアハウスであるLibrA、分散型オンライントランザクション処理(OLTP)の企業向けデータベースであるDerecho、分散型MySQLデータベースであるTaurusなどの3つのセキュアで信頼性の高い分散型データベースサービスをファーウェイクラウド上で展開している。

●接続のイノベーション:

ファーウェイクラウドのIoTプラットフォームは、SIMカード管理、デバイス管理、アプリケーションイネーブるメントレイヤーを含めたフルスタックのプラットフォームとして、セキュアな接続、異業種間エコシステムの構築、容易なインテグレーションが可能だ。

このプラットフォームでは、幅広い産業に対応したスイートとテンプレートを提供し、ファーウェイクラウドがIoTやIoV(Internet of Vehicles)のシナリオに最適な形で対応できる。

●アーキテクチャのイノベーション:

ファーウェイクラウドは、FusionCloud Stackソリューションにより、99.9999%の信頼性を誇る企業向けストレージサービスを提供する。FusionCloud Stackはパブリッククラウドの拡張モジュールとして、企業のデータセンターで展開することが可能。パブリッククラウドに接続しているネットワークで障害が発生した場合でも、ローカルシステムで企業にサービスを提供し続けることができる。

このソリューションでは、パブリッククラウドの一貫したユーザー体験、より安全なデータ管理と低遅延を実現できることに加え、ローカルでの保守が不要となり、企業のミッションクリティカルサービスのクラウドへの安全な移行を支援する。

●ハイブリッドクラウドのイノベーション:

FusionBridgeハイブリッドクラウドソリューションは、OpenStackクラウドプラットフォームをベースとし、革新的な注入式のカスケーディングアーキテクチャでホモジニアスまたはヘテロジニアスなハイブリッドクラウドを可能にする。

このソリューションは異なるクラウド間の統合サービスカタログを提供し、複数のクラウドプラットフォームの違いを感じさせないことが特徴だ。HyperContainerによる差異のないクラウド間のサービスイメージ、異なるクラウド間のオーバーレイネットワークの自動化、一元的なvAPP展開サービスによって、顧客サービスの複数のクラウドにわたる分散型展開とオンデマンドな拡張が実現できるという。

また、顧客にGUIまたはO&M用ポータルを提供し、お客様のワークロードを軽減し、異なるクラウド間の管理をシンプルにすることが可能。

【関連リンク】
ファーウェイ(Huawei/華為技術)

Previous

Apple、iPhoneの通信機能を新たに搭載した「Apple Watch Series 3」を発表

9/28緊急開催【参加無料&ビジネス誌の特典付き】『北九州でIoT』事業説明会! 開催記念セミナー(東京・大手町)参加者募集[PR]

Next