コヴィア、LoRaを活用した温湿度の一元管理システムの実証実験を福井大医学部附属病院と共同で実施

株式会社コヴィアは、LoRaを活用した病院内の温湿度の一元管理システムの実証実験を、福井大学医学部附属病院と共同で実施すると発表した。

病院内における温湿度管理は、ダニやカビの発生を予防するだけではなく、感染症の予防や対策、医療機器や医薬品の品質管理など、安全な医療や看護の実現のために重要であり、その管理には精密性が求められる。

しかし現状、多くの病院ではアナログ温湿度計を設置して巡回管理をしたり、空調レベルでの温度調節に留まっている。また、従来品のネットワーク対応型温湿度センサーは高額なソリューションが多く、さらには既存の院内ネットワークを活用することが困難、専用にアクセスポイントの追加が必要であるなど、導入の敷居が高いものだった。

福井大学医学部附属病院新病棟の4階ナースステーションにLoRaゲートウェイ(MVNOのデータ通信SIMを搭載)を1基設置。その1基で、1階から7階までの全棟(院内全域)に設置したセンサーへ電波が到達すること、AWSに構築されたクラウドサーバーで1分に1回データ収集する際の受信感度及びデータ転送の可否を確認した。

コヴィア、LoRaを活用した温湿度の一元管理システムの実証実験を福井大医学部附属病院と共同で実施

なお、センサーは温湿度以外にも一酸化炭素、二酸化炭素、PM2.5の計測も可能であり、同社は医療・介護施設での環境管理・感染管理・医療用ガスの漏洩管理など活用範囲の拡大を検討しているという。

またLoRa対応GPSトラッカーの開発も進めており、患者の見守りや介護用途を想定したSOS、位置情報取得に関する実験を計画。あわせて屋内に設置したゲートウェイと屋外用ゲートウェイ(IP67対応)において、それぞれの屋外における通信範囲、電波到達距離の差を測定し、安定的で実用性の高いシステム構成を検証していくという。

【関連リンク】
コヴィア(Covia)
福井大学医学部付属病院(University of Fukui Hospital)

Previous

パーソナル人工知能SENSYのカラフル・ボード、はるやま商事と共同で「似合うアルゴリズ ム」を開発

富士通研究所と富士通、Deep Tensorとナレッジグラフの融合でAIの推定理由や根拠を説明する技術を開発

Next