エムスリーとUBIC、医療・医薬分野において、人工知能の活用による協業を開始

エムスリー株式会社と、株式会社UBICは、医療・医薬分野において、人工知能を活用した協業を開始することを発表した。

協業の第一弾として、エムスリーの子会社で、CRO※1事業を手がける株式会社メディサイエンスプラニング(以下MPI)と、UBICの子会社で、人工知能を活用した医療データ解析ソリューションを提供する株式会社UBIC MEDICALが、MPIのファーマコヴィジランス(医薬品安全性監視)※2業務(以下PV)での知見と、UBIC MEDICALが保有する人工知能技術を組み合わせ、人工知能を活用した「PV支援サービス」の提供に向けて、具体的な取組みを進めていく。

エムスリーとUBICでは、今回の協業により、医薬品のさらなる安全性向上に貢献する、質の高いサービスの提供を目指す。また今後、人工知能によるデータ解析を通じて、医療・医薬分野における幅広いサービスの開発を検討していく。

 

※1:CRO
製薬企業(臨床試験依頼者)等が行う臨床試験に関わる、さまざまな業務を代行・支援する組織(医薬品開発業務受託機関)。Contract Research Organizationの略。

※2:ファーマコヴィジランス(PV)
医薬品の有害な作用または医薬品に関連する諸問題の検出、評価、理解及び予防に関する科学と活動。

 

【関連リンク】
エムスリー株式会社
株式会社UBIC
株式会社メディサイエンスプラニング
株式会社UBIC MEDICAL

Previous

千葉大学環境リモートセンシング研究センター、創立20周年記念式典開催 ~特別講演「Future Earth – 持続可能な地球社会へ向けた新しい科学の展開」~

デジタルハリウッド、作って遊ぶ 小・中学生対象『Playground!2015~デジタル遊具と電子工作ワークショップ~』開催

Next