XYZプリンティングジャパン、パーソナル/ファミリー向け3Dプリンター「ダヴィンチ Jr. 1.0w」を発表

XYZプリンティングジャパン株式会社は本日10月27日、軽量、コンパクトなパーソナル/ファミリー向け3Dプリンター「ダヴィンチ Jr.(ジュニア)」シリーズにWi-Fi機能を搭載した「ダヴィンチ Jr. 1.0w」を発表した。価格は59,800円(税込)で、10月30日より家電量販店、ECサイト、同社Webサイト、販売代理店を通じて販売を開始する。

また、「ダヴィンチ Jr. 1.0w」にコンパクトなハンディタイプ3Dスキャナー「XYZprinting  ハンドヘルド  3D スキャナー」をバンドルした「3Dスキャナーパック」を、11月10日より家電量販店、ECサイト、販売代理店、同社Webサイトにて販売する予定。 ダヴィンチ Jr. 1.0w スキャナーパックの価格は、74,800円(税込)で、2016年1月15日までの期間限定キャンペーンだ。

 

3Dプリンターもスマートプリントの時代に

・Wi-Fi機能の搭載
ダヴィンチ Jr.のコンパクトな筐体にW-Fi機能を搭載し、ネットワークを通じてPCとの接続が可能になった。これにより、設置場所の自由度が増し、利便性が格段に向上した。

・タブレットからの操作
「ダヴィンチ Jr. 1.0w」と同じネットワーク環境下であれば、専用のアプリ「XYZprinting App」を用いて、iPadやAndroidタブレットから「ダヴィンチ Jr. 1.0w」を操作できる。また、同社の3Dデータ共有サイト「XYZギャラリー」に手元のタブレットからアクセスし、「ダヴィンチ Jr. 1.0w」まで出向かなくとも3Dプリントできる。

・SDカードから直接3Dプリント
本体に搭載されたSDカードスロットにSDカードを挿入し、メモリ内の3Dデータを直接3Dプリントできる。SDカードにお気に入りの3Dデータを保存しておけば、PCに接続することなく3Dプリントできる。

・着脱が容易なエクストルーダの導入
容易な着脱を可能にしたエクストルーダを導入したことで、メンテナンスがしやすくなった。これにより、一般の方でもより長く、安心して3Dプリントを楽しめるようになった。

・安心のサポート
年中無休で対応する国内サポートに、使い方が分からないときも日本語で問い合わせ可能。使用経過による調整時などお困りの際にも対応し、必要に応じて、迅速な交換、修理対応を行う。

・みんなが使える、みんなで使える
初めて3Dプリンターを使用する方でも、すぐに使い始められる専用ユーティリティソフトウェアを同梱。作成されたオリジナル3Dデータを公開したり、公開された3Dデータをダウンロードしたりできる専用サイト「XYZギャラリー」も利用できる。

 

【仕様一覧】

・製品名:ダヴィンチ Jr. 1.0w
・価格(税込):59,800円
・販売開始時期:2015年10月30日
・本体サイズ:420×430×380mm(幅×奥行×高さ)
・重量(本体のみ):12Kg
・印刷方式:熱溶解樹脂積層(FFF:Fused Filament Fabrication)方式
・印刷ヘッド数(出力色数):シングルヘッド(1色)
・フィラメント材質:PLA(ポリ乳酸)樹脂
・積層ピッチ:0.1、0.2、0.3、0.4mm
・最大出力サイズ:150×150×150mm(幅×奥行×高さ)
・本体メニュー表示言語:日本語(カタカナ)
・インターフェース:USB 2.0、SDカード、Wi-Fi
・対応データフォーマット:STL、XYZフォーマット(3w)
・電源、消費電力:100-240V 50/60Hz 75W
・付属品:
ガイドチューブ、材料注入口クリーニングワイヤー、クリーニングワイヤー×5点、USBケーブル、プラットフォームテープ×3点、フィラメントリール、クリーニングブラシ、スクレーパー、SDカード、電源アダプタ、電源ケーブル、付属製品フィラメント(300g)
・ハードウェア最小要件:
PC:32ビット(x86)もしくは64 ビット(x64)プロセッサ、4GB以上のメモリ
Mac:64 ビット(x64)プロセッサ、4GB以上のメモリ
快適にご使用になるには、これ以上のスペックが必要となります
・対応OS:Windows 7以上、OS X 10.8以上
・保証:
本体:1年
エクストルーダ、プリントプラットフォーム、モーターモジュール:90日
付属品、消耗品は保証対象外

 

【関連リンク】
XYZプリンティングジャパン株式会社

Previous

MISFIT、エレガントな美しさと常識を覆す性能を併せ持つ 進化したファッショナブルな活動量計『SHINE 2』(シャインツー)を発売

三菱地所、グローバル成長企業向けビジネス支援施設「グローバルビジネスハブ東京」大手町に来夏オープン

Next