ソフトバンク、ウエアラブル端末などのIoTデバイス向けにeSIMプラットフォームの運用を開始

ソフトバンクは、eSIMに対して通信ネットワーク接続に必要な情報(プロファイル)を遠隔で書き込み/切り替えができるeSIMプラットフォームの運用を、ウエアラブル端末などのIoTデバイス向けに本年9月22日より開始すると発表した。

同プラットフォームは、5Gの時代に向けたIoT推進の一環として開発されたものだ。ウエアラブル端末などのIoTデバイスに搭載されたeSIMに対して、通信ネットワーク接続に必要な情報に加え、事前に登録した契約情報などを遠隔で書き込むことが可能となる。

【関連リンク】
ソフトバンク(SoftBank)

Previous

IDCが発表、2017年第2四半期の世界ウェアラブルデバイス出荷台数は前年同期比10.3%増

エイザス、AIサービス「Forecast-A1」を用いた医師ターゲティングでMRの生産性が向上

Next