ヤマトプロテックと岩通、防災市場に向けたIoTサービスで協業

総合防災メーカーのヤマトプロテック株式会社とZ-Wave(※)によるIoTクラウドサービスを展開する岩崎通信機株式会社は、防災市場に向けたIoTサービスで協業すると発表した。

両社は互いの強みを活かし、SNSやメール配信による離れた家族や友人、自治体、近隣住民等への火災発生の通知サービスなどを目指すという。

※Z-Wave:ホームオートメーションやセンサーネットワーク向けの無線通信規格。2.4GHz帯に比べて透過性や回折性に優れ、無線LANや電子レンジの干渉が無い920MHz帯を採用している。

【関連リンク】
ヤマトプロテック(Yamato Protec)
岩通(IWATSU)

Previous

NEC、顔認証を活用したスタンプラリーサービスおよび観光アプリを提供

バイオシグナルが医師と技術者のコラボで実現、食用牛の転倒をセンサーでリアルタイム検知

Next