東芝映像ソリューション、AIを活用した音声対話デバイス「TH-GW10」を北米で販売開始

東芝映像ソリューション株式会社は、AIと音声技術を活用した音声対話デバイス「TH-GW10」を、2017年末頃を目途に北米市場向けに発売すると発表した。

TH-GW10は、ホームゲートウェイ機能と北米市場でニーズの高いモーションセンサー付きカメラを搭載。 これにより、一般的なスマートスピーカーで利用可能な情報・コンテンツサービスのみならず、より多くのホームIoTデバイスと簡単に接続できるのが特徴だという。なお、自然言語応答サービスは AmazonのAlexa Voice Service (AVS) を使用。

東芝映像ソリューション、AIを活用した音声対話デバイス「TH-GW10」を北米で販売開始

TH-GW10の主な仕様はこちら

【関連リンク】
東芝映像ソリューション(TOSHIBA VISUAL SOLUTIONS)

Previous

NECとHortonworks、ビッグデータの分散処理領域における戦略的協業を強化

NTTとトヨタ、生活支援ロボット普及に向けた共同研究を開始

Next