シャープ、AIoT対応液晶テレビ「AQUOS 4K」5機種を発売

シャープは、AI(人工知能)が家族の好みを学習し、おすすめの番組を音声でお知らせするAIoTクラウドサービス「COCORO VISION」に対応し、音声検索や豊富なアプリケーションで楽しみが拡がる「Android TV」を採用したAIoT対応液晶テレビ『AQUOS 4K』5機種を発売する。

本機は、クラウド上のAIが家族のよく見るテレビ番組や視聴する時間帯を分析・学習することで、好みのジャンルやよく見るタレントが出演する番組など、それぞれの家庭ごとにおすすめの番組を音声でお知らせしてくれる。本体前面に搭載した人感センサーが、本機の電源を自動的に起動し、番組の情報だけでなく、その時々の旬な情報も知らせてくれる。スマートフォンとの連携も可能で、気になる番組の開始時刻などが手元の端末に通知されるだけでなく、簡単な操作でテレビのチャンネル選局も行える。

また、本機は「Android TV」を採用しているので、4K動画を配信するビデオオンデマンド(VOD)やゲームなど、今後も増加する多彩なテレビ向けアプリケーションをGoogle Play(TM)ストアからインストールして楽しめる。

さらに、4Kテレビの画質性能も追求し、「AQUOS 4K Smart Engine」を新たに開発。8K対応液晶テレビの開発で培った、高精細アップコンバート技術や、色域規格ITU-BT.2020入力に対応する広色域技術、光の明暗をダイナミックに再現する「メガコントラスト」技術を搭載し、4K HDR映像からインターネット動画まで高品位に描写する。音質面も強化し、2.1ch高音質スピーカーシステムで総合出力80Wを実現した「AROUND SPEAKER SYSTEM」採用のUH5ラインと、「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」採用のUS5ラインを揃えた。

主な特長

1.AI(人工知能)が家族の視聴傾向を学習し、おすすめの番組や情報をお知らせするAIoTクラウドサービス「COCORO VISION」に対応
2.多彩なアプリケーションを追加して4K動画などが楽しめる「Android TV」採用
3.4K HDR映像からインターネット動画まで高品位に描写する新開発「AQUOS 4K Smart Engine」搭載
4.2.1ch高音質スピーカーシステムを搭載した2つのデザインシリーズ
5.『AQUOS』向けコンテンツ配信サービス(COCORO VIDEO/COCORO MUSIC/COCORO GAME)に対応

Previous

ふくおかフィナンシャルグループとNTTドコモ、コネクテッドカーを活用したオートローンの実証実験を開始

「IoTの窓口 byGMO」が開発したスマート電子タグをトーハンに提供、顧客の行動を感知しデータ取得・蓄積できる『次世代型電子POP』

Next