シエラレオネ共和国の「スマートカントリー」化に向け、リップルナミがブロックチェーン・データ視覚化によるデジタル化プログラムを発表

シエラレオネ共和国の大統領、アーネスト・バイ・コロマ博士とブロックチェーン・システム・ソリューションのプロバイダーであるリップルナミは、シエラレオネのデジタル化国家プログラムを発表した。

リップルナミは、国民や全国の組織がデータの生成・収集・分析・取引を行えるブロックチェーン・データ視覚化プラットフォームを設計することにより、シエラレオネの「スマートカントリー」化に貢献する。

既にリップルナミは、シエラレオネ政府およびフリータウンのシステムインテグレーション企業であるデータ・エッジ・レベニューとの協力により、新しいアプリケーションソフトウエアを開発するなどしている。

今回のコラボレーションの第一段階は、全国規模の経済的一体化サービスだ。このプログラムは、デジタル証明書とデジタルコレクションのシステムを提供することにより、金融包摂を増強し、公共サービスおよび政府提供のサービスを利用しやすくするというもの。導入は現在進められており、本年第4四半期に本格展開される予定だ。

【関連リンク】
リップルナミ(RIPPLENAMI)

Previous

オムロン、近接センサー「E2E-NEXT」と取付治具「e-治具」を発売:自動車部品製造など設備の稼働率向上に貢献

IoT人気記事ランキング|トヨタ・マツダ・デンソーがEV開発で協業 新会社「EV C.A Spirit株式会社」を設立、NECが”モノが個人に話しかける”ことを可能にする音響AR技術を開発 など[9/25-10/1]

Next