NTT Comと日本カーソリューションズ、映像内の道路標識と車両速度から運転の安全性を自動検知するアルゴリズムを開発

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)と日本カーソリューションズ株式会社(以下、NCS)は、ディープラーニングによる物体検出アルゴリズムを用い、ドライブレコーダーの映像から抽出した道路標識とセンサーデータ(速度)を組み合わせることで、運転の安全性を検知するアルゴリズムを開発した。

なお、この場合の「運転の安全性」とは「車両が道路標識などにより一時停止すべきことが指定されている場所で、一時停止しなかった事象」(※)を指しており、両社が同アルゴリズムを用いて約2,000件の映像から同事象(※)と判断された映像を抽出したところ、96%という実用可能な精度で検知することができた。

なお、同AI技術はNTTグループの「corevo」を活用している。

NCSは、カーリースを契約している企業の顧客に安全運転促進のための自動車IoTツールとして「NCSドライブドクター」を提供している。

このサービスのオプションである「NCS交通安全プログラム」の映像解析サービスでは、専任スタッフが車載器に記録された映像ビッグデータの中から「交通違反につながるヒヤリハット」など様々な危険運転シーンを抽出し分類を行っていたが、この業務には多くの時間を要するという課題があり、より手早く正確に行うことが求められていた。

一方、NTT Com は2016年よりドライブレコーダーのデータ解析による「ヒヤリハット」の検知に取り組んでいる。この知見から、映像や速度などマルチモーダルな時系列データをAIを活用して分析することにより、交通ルールに沿った運転が行われているかを自動で判別できると両社は考え、データ解析に関する実験を開始した。

【関連リンク】
NTTコミュニケーションズ(NTT Communications)
日本カーソリューションズ(NIPPON CAR SOLUTIONS)

Previous

オプテックス、屋外用侵入検知センサSHIELDシリーズ第二弾「BXS」4機種を欧米向けに発売

MTES、IoTとLoRa技術による「高齢者見守りシステム」を開発

Next