米マイクロソフト、Windows Mixed Realityを本年10月17日より本格始動

米Microsoftは、Windows PCから複合現実(MR)を体験できるプラットフォーム「Windows Mixed Reality」を本年10月17日より本格始動させると発表した。

以前より、 今冬にはHP、Lenovo、Dell、AcerからWindows Mixed Reality向けのヘッドセットとモーションコントローラーの発売が予定されていた。そして今回、さらにSamsungがWindows Mixed Reality対応のヘッドセット「Samsung HMD Odyssey」を発表。またValve社のSteamVRのコンテンツを利用できるようになった他、ソーシャルVRのAltspaceVRがMicrosoftチームの一員となった。

米マイクロソフト、Windows Mixed Realityを本年10月17日より本格始動
Samsung HMD Odyssey

以上の発表を踏まえて、本年10月17日より、Windows Mixed Realityのユーザーは、Microsoftストアで20,000以上のアプリを利用できるようになる。またWindows Mixed Realityに対応したゲーム「Halo」の一部も公開される予定だ。

なお、Windows Mixed Realityは近日中にリリースされるWindows 10 Fall Creators Updateと共に始まる。10月17日にWindows 10 Fall Creators Updateをダウンロードするか、新しいPCにアップグレードすることで、Windows Mixed Realityを利用することができる。

https://youtu.be/0AWhsBNU1jU

【関連リンク】
マイクロソフトブログ記事(2017/10/3)
マイクロソフト(Microsoft)
サムスン(Samsung/三星)
バルブ(Valve)
AltspaceVR

Previous

IoT/AIを活用したビジネスを本格的に支援する有料会員サービス ーIoTNEWS Premium Member募集開始

落し物を発見できるタグ「TrackR」日本で新製品を販売開始。来年からスタートする新サービスも発表

Next