エクサ、IoT時代の「予防保全」 設備保全変革セミナー開催

既存設備資産の老朽化、熟練技術者の退職に伴う保全ノウハウ消失などにより、設備資産管理は多くの企業にとって経営課題の一つとなっている。さらに、設備資産のライフサイクルコスト削減、ダウンタイムの最小化といった要求は高まっており、故障発生前に保全を行う「予防保全」の導入が進んでいる。しかし、予防保全計画の立て方によっては、まだ保全の必要がない設備資産に対しても点検・修繕を行う可能性がある。

株式会社エクサは設備保全を支える仕組みとして、EAMソリューションのIBM Maximoを活用した統合的な保全管理の実現とIoT(各種センサーで取得する情報)の活用により設備資産の様々なデータを予防保全計画へ反映することで、必要最小限の点検・修繕で保全コストの削減・適正化を図る「一歩進んだ予防保全」を提案する。

 

【IBM Maximoの特長】

  • 設備資産の計画や履歴などあらゆる情報の一元管理
  • 設備資産全体の可視化
  • PDCAサイクルの正常化による保全業務の全体最適化
  • 機器センサーデータのリアルタイム連携
  • モバイル・タブレットや地図情報など他システムとの連携

同セミナーでは、IBM Maximoの導入事例やセンサーデータを連携させた予防保全をデモを交えて紹介。

 

【開催概要】

・日 時 2015年11月26日(木)14:00〜17:00

・会 場 日本アイ・ビー・エム株式会社
東京都中央区日本橋箱崎町19-21

※交通アクセス:半蔵門線 水天宮前駅より徒歩3分
東西線/日比谷線 茅場町駅より徒歩7分
日比谷線/都営浅草線 人形町駅より徒歩12分

・定 員 20名

・対 象 設備保全業務、設備管理業務、保守サービス業務、
情報システム部門、経営企画部門の責任者・担当者

・受講料 無料(事前登録制)

・主 催 株式会社エクサ

・協 力 日本アイ・ビー・エム株式会社

お申込はこちら

 

【講演内容】

講演Ⅰ:EAMソリューション:IBM Maximoおよび導入事例のご紹介

講演Ⅱ:IoTを活用したIBM Maximoのデモンストレーション

講演Ⅲ:予知分析を活用した保全業務ソリューション:IBM PMQと事例ご紹介

*講演後、個別Q&A/相談タイムを設けている

 

【関連リンク】
株式会社エクサ

Previous

UBIC、トヨタテクニカルディベロップメントとの共同開発による人工知能を用いた知財戦略支援システム「Lit i View PATENT EXPLORER」の提供を開始

豆蔵ホールディングス、Microsoft Azureを活用した製造データロギングシステム 「DLS on Azure IoT」を提供開始

Next