ソフトバンク、4年目以降のPepper用サービスで月額基本プランと月額保険パックの提供を開始

ソフトバンクロボティクス株式会社およびソフトバンク株式会社は、人型ロボット「Pepper」の4年目以降のサービスとして、「Pepper月額基本プラン」と「Pepper月額保険パック」の提供を開始した。

Pepperは、クラウドの音声認識エンジンを活用した会話機能や各種ロボアプリなどが利用できる「Pepper基本プラン」(1万4,800円×36カ月)と、故障時のサポートや特別価格での修理が受けられる「Pepper保険パック」(9,800円×36カ月)を提供してきた。

そして本年12月以降、Pepperユーザーの契約期間が順次満了するにあたり、「Pepper基本プラン」と同様のサービスが継続して受けられる「Pepper月額基本プラン」(月額9,800円)と、故障時のサポートや補償をする「Pepper月額保険パック」の提供を開始する。

「Pepper月額保険パック」は、自然故障や過失事故による故障時の修理代金を全て補償する「Pepper月額保険パック100」(月額1万7,800円)と、「Pepper保険パック」と同様の補償(自然故障時の修理代金の90%、過失事故時の修理代金の50%)が受けられる「Pepper月額保険パック90」(月額9,800円)の2種類を提供する。

【関連リンク】
Pepper月額基本プラン
Pepper月額保険パック
ソフトバンク(SoftBank)
ソフトバンクロボティクス(SoftBank Robotics)

Previous

パナソニック、自動運転/コネクティッドカーのサイバー攻撃に対抗するオートモーティブ侵入検知・防御システムを開発

ヤンマー、AI/IoTを活用した次世代施設園芸システムの確立に向けたテストベッドの運用を開始

Next