ATS Advanced Telematic Systems、コネクテッドカー向けの革新的なソフトウェアを日本国内で初公開

ドイツ/ベルリンに本拠地を置くATS Advanced Telematic Systems GmbHの日本オフィスは、第44回東京モーターショーの会期に合わせた2015年10月29日に、東京都内のマンダリン オリエンタル 東京で、関係者を招き、コネクテッドカー向けの最新テクノロジーと革新的なソフトウェアを日本国内で初公開した。

ATS Advanced Telematic Systems(以下、ATS)は、ドイツ・ベルリンに本社、東京、台湾・台北に拠点を置く、コネクテッドカーと自動車業界のエコシステムに向けたデータ主導のビジネス・ソリューションを開発している。

今回、ATSは、自動車OEM向けのユースケース及びビジネスケースを、専用のデモ・カー(走行車両)を用意して、関係者向けに紹介した。

デモで実現しているユースケースとして、アクセス/アイデンティティ管理システム、プレミアムカー向けのバレー・パーキング・サービス、複数のPOI(ポイント・オブ・インタレスト)を統合・管理するプラットフォームが含まれている。

さらには、新しいソフトウェア・アップデートのシステムとオープンソースの開発環境も紹介した。

 

【関連リンク】
ATS Advanced Telematic Systems

Previous

P板.com、日本最大級のハードウェアコンテスト「GUGEN 2015」 見て、聴いて、触って評価する「体験型展示会」を開催  午後には大賞・優秀賞の授賞式も

LAオートショー、コンペ発表~デザイナー、エンタメブランド、ソフトウエア開発者の新コラボで自動車を再創造~

Next