NVIDIA、AIクラウドコンテナレジストリー「NVIDIA GPU Cloud (NGC)」の提供を開始

NVIDIAは、AIクラウドコンテナレジストリー「NVIDIA GPU Cloud (NGC)」の提供を開始した。NGCを利用すると、最適化されたディープラーニングソフトウェアスタックに無料でアクセスでき、ディープラーニングの開発をスムーズに開始できるという。

なお、このクラウドベースのサービスは同社のGPU「Tesla V100」を搭載したAWSの「Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) P3インスタンス」のユーザーであれば直ちに利用できる。さらにNVIDIAは、まもなく他のクラウドプラットフォームもサポートする計画だ。

NGCコンテナレジストリーによるディープラーニング開発は、次の3ステップの手順に従って開始できる。

  1. 無料のNGCアカウント(www.nvidia.com/ngcsignup)に登録する。
  2. 最適化済みのNVIDIAイメージを、クラウドサービスプロバイダープラットフォーム上で実行する。
  3. NGC からコンテナを呼び出し、開発を開始する。

また、NGCコンテナレジストリーには、主に次のような利点がある。

  • 広く使用されているGPU:
    アクセラレーションフレームワークを直ちに利用可能。コンテナ化されたアプリケーション開発用ソフトウェアには、CUDAのほか、NVCaffe、Caffe2、Microsoft Cognitive Toolkit (CNTK)、DIGITS、MXNet、PyTorch、TensorFlow、Theano、Torchなどがある。
  • 最大限のパフォーマンス:
    NGCコンテナレジストリーは、最大限のパフォーマンスが得られるようNVIDIAによって調整・テスト・認定済みであるため、クラウド上で稼働するNVIDIA GPUで最適なパフォーマンスを得ることができる。
  • 事前統合:
    使いやすいコンテナにより、困難で時間のかかるソフトウェア統合が不要となり、直ちにディープラーニング開発を開始できる。
  • 常に最新の状態:
    各ディープラーニングフレームワークは、最新のNVIDIA GPU上で可能な限り高速にトレーニングできるよう調整される。ライブラリ、ドライバー、コンテナは、NVIDIAの技術者によって絶えず最適化されており、毎月アップデートが提供される。

【関連リンク】
エヌビディア(NVIDIA)

Previous

プロドローン、産業用ドローン基本プラットフォーム「PD4-AW2 BASIC」「PD6-AW2 BASIC」の2機種を発売

ニューヨーク州電力公社(NYPA)とGE、デジタル・ユーティリティ創設に向け協業

Next