中部電力・KDDI・豊田市がLPWAを活用した「児童の見守りサービス」の実証実験を開始

中部電力株式会社、KDDI株式会社、豊田市の3者は豊田市立中山小学校の学区内において、IoT向け通信技術であるLPWAを活用した児童の見守りサービスの実証実験を開始すると発表した。実施期間は本年11月1日~11月30日で、対象は豊田市立中山小学校の児童約60名ならびにその家族となる。

児童の見守りサービスは、「下校時間が遅くて心配」、「一人で習い事に通わせるのが心配」といった児童の保護者のニーズに対応することを目的に、中部電力が主体となり開発を進めているサービスだ。

同サービスを活用すると、児童が携帯する小型通信端末で測位した位置情報をLPWAを活用してサーバーに送信することで、児童の家族のスマートフォンやパソコンから児童の位置情報を確認することができる。

役割分担としては、中部電力が専用WEB画面の開発や実証運営を行い、KDDIはLPWA (LoRaWAN) の通信網を学区内に整備する。豊田市は、同実証実験を「豊田市つながる社会実証推進協議会」の活動に位置づけ、関係箇所との調整など実証支援を行う。

なお、児童の見守りサービスの特徴は以下の通りだ。

  • 位置情報表示:児童の現在位置や過去の移動履歴を地図上に表示
  • 通過時間表示:児童の通過した場所の通過時間を表示
  • 地点登録・表示:児童がよく訪れる地点や危険場所を地図上に登録・表示
  • メール送信機能:自宅・小学校や登録地点への到着・出発情報をメールでお知らせ

【関連リンク】
中部電力(CHUBU Electric Power)
ケイディーディーアイ(KDDI)
豊田市つながる社会実証推進協議会

Previous

GMOブロックチェーン オープンソース提供プロジェクトの第6弾は、店員を呼ばずにテーブル会計ができる「Pay@Table」

「AIをどうにかしろ」と上司に言われたときに、最低限知っておくべきこと[Premium]

Next