東京エレクトロンデバイス、IoT向けノンプログラミング開発クラウド「Connexon(コネクソン)」に11種類の新機能を追加

東京エレクトロン デバイス株式会社(以下、TED)はIoT向けノンプログラミング開発クラウド「Connexon(コネクソン)」に、Azure IoT Hub / AWS IoT連携など新たに11種類機能を追加すると共に、提供メニューを刷新したと発表した。

今回の機能追加により、利用者はセンサーや装置のデータ収集、加工(集計・クレンジング・周波数解析)、クラウドへの送信などIoTのアプリケーションの開発を自社の要求に合わせてノンプログラミングで作成することが可能になると期待できる。また、年間サブスクリプションを48万円から利用できるプランも開始された。

新しく追加された新機能は以下の通りだ。

東京エレクトロンデバイス、IoT向けノンプログラミング開発クラウド「Connexon(コネクソン)」に11種類の新機能を追加

また、サービスメニューは以下の通り(開発可能なDFA数、アカウント数の追加は別途オプション費用がかかる)

東京エレクトロンデバイス、IoT向けノンプログラミング開発クラウド「Connexon(コネクソン)」に11種類の新機能を追加

【関連リンク】
IoT向けノンプログラミング開発クラウド「Connexon(コネクソン)」
東京エレクトロン デバイス(TED)

Previous

トヨタ・デンソーの自動運転車にルネサスの「R-Car」SoCと「RH850」マイコンが採用

ヤマト運輸、IoT活用ですべての集配車に車載端末を導入

Next