スマートグラス ”JINS MEME MT”の設定〜初RUNまで

ついにリリース! “JINS MEME”の発売日にフラグシップストアとなる原宿店に行ってみたでご紹介したJINS MEME MT(サングラスタイプ)を実際に購入したので、開封~設定までを解説する。

まず、上の写真白い筒の中にJINS MEME MT本体は格納されている。立方体の両端には電源アダプターや説明書類が入っている。いきなりで申し訳ないが、お店で買うと内容物の確認や鼻の部分の調整などが入るため開封の儀はできなかった。

まずは、Appstoreから、JINS MEME RUNアプリをダウンロードする(2015年11月05日段階では、iPhone版しかリリースされていないので注意が必要)。

meme16

アプリを立ち上げると、セットアップのボタンを押す。JINS MEME RUNは、ES(メガネタイプ)でもMT(スポーツタイプ)でも使えるので、どちらのタイプかをまず選ぶ。

JINS MEME MT

JINS MEME MT

どんどん進めると、瞳の色を聞いてくる。これはJINS MEMEはナビゲーターとして存在しているため、その人を写す鏡として、事前に瞳の色を聞いているということだ。

JINS MEME MT

身長、体重、生年月日、性別を設定し、アカウントを登録するとメールで設定完了が通知される。

JINS MEME MT

JINS MEMEに名前を付ける。ぜひ愛着のわく名前をつけてほしいところだ。

JINS MEME MT

JINS MEME MT

JINS MEME MT

これで設定は完了した。注意点としては、JINS MEME本体に十分充電がされていないとbluetoothの設定のところで設定ができなくなるということぐらいで、あとはナビゲーションに従って簡単な設問に回答していくくらいだ。

これで実際に走ってみた使用感は後日報告する。

【こちらの記事もどうぞ】

Previous

10分で振り返る、今週のIoTNEWS人気記事 [10/31-11/06]

Pepperの活用ポイントと最新の事例紹介 〜M-SOLUTIONS 植草氏 講演

Next