エイビット、通信インフラなしで自律的通信可能な無線ネットワークを開発

株式会社エイビットは、インターネット接続ができない状況でもゲートウェイ間の自律的な通信を行うことができる無線ネットワークを開発した。

現在、各地で実証実験が行われているLoRaWANなどのネットワークではクラウドサービスやネットワークサーバが必要だが、同システムではゲートウェイ同士がメッシュ接続を行いリレー通信ができるため、クラウドサービスを使わなくても広域自営ネットワークの構築が可能だという。

また、通信インフラに障害が発生した状況でも、広域に配置されたデバイスからの情報伝達・警報通知ができるため、防災ネットワークなどの構築に適している。

つまり、通常時はLoRaWANネットワークとしてデバイスからのデータをネットワークサーバに集約して一括監視を行い、通信インフラの障害発生時はゲートウェイ間の通信に切り替え、ゲートウェイに接続されるパトランプ等での警報や管理用PCへの通知と言ったシステムの構築が可能ということだ。

なお、同システムは無線通信方式としてLoRa方式を採用しているため、無線免許は不要だ。

用途は主に以下が想定されている。

  • 防災用途:雪崩/地すべり/水害などの監視
  • 設備監視
  • ビニールハウスの温度監視
  • 動物捕獲用罠の監視

【関連リンク】
エイビット(ABIT)

Previous

オプテックス、Sigfox対応「IoT無線ユニット」を発売:既存のセンサーやスイッチと簡単接続

第一精工が匂いセンサ事業へ参入、圧電薄膜を用いたMEMS技術で小型・低コスト化

Next