トリプルアイズ、モータ制御クラウドサービス「ReLiMo」(リリモ)を開始

株式会社トリプルアイズは、双方向通信技術を用いてモータの最適な制御方法の把握やモータの制御状況の監視を行うクラウドサービス「ReLiMo」(リリモ)を2017年11月6日より開始した。

「ReLiMo」(リリモ)は、Webサイト「ReLiMo Web」(リリモ ウエブ 仮称)を経由してクラウドサービス「ReLiMo」とモータを接続することにより、モータ制御プログラムの専門知識がなくとも、短時間でモータの最適な制御方法を生成・提示するというものだ。

また、双方向通信技術を用いる特徴を活かし、モータの制御状況の監視を行うことやモータの故障や回転の異常を検知することも可能だという。対象モータはDCブラシレスモータ(メーカ不問)だ。

「ReLiMo」(リリモ)の特徴は以下の通り。

  1. 双方向通信技術を用いたモータ制御クラウドサービス
  2. モータの制御に関する複雑な事項を、簡単かつ短時間に解決

また、「ReLiMo」(リリモ)の主なサービスについては以下の通り(開発中の事項を含む)。

  1. ホームページRelimo web(リリモ ウエブ 仮称)による、モータ関連情報の提供
  2. モータの最適な制御方法の生成・提示
  3. モータの制御状況の監視
  4. モータの故障や回転異常の検知

【関連リンク】
トリプルアイズ(Tripleize)

Previous

第一精工が匂いセンサ事業へ参入、圧電薄膜を用いたMEMS技術で小型・低コスト化

第11回 ASPIC IoT・クラウドアワード2017授賞式レポート

Next