豆蔵ホールディングス、ビッグデータ技術を活用しIoTに対応したリアルタイムデータ収集・蓄積プラットフォーム「LogStream(ログストリーム)」の提供開始を発表

株式会社豆蔵ホールディングスは、事業会社の株式会社オープンストリームが、ビッグデータ技術とAWSの開発実績を基に開発した技術「LogStream(ログストリーム)」プラットフォームの提供を2015年11月5日より開始したことを発表した。

併せて、独自のビッグデータ解析技術をベースとしたモデリング・解析・通知サービス「RecoBee(レコビー)」(仮称)の開発を開始している。

 

【サービスの提供開始にあたり】

従来の行動ターゲティング処理では定められた日付・時間やイベント、自宅・外出先等の大きなくくりでの位置情報などを基に行われており、購買行動と直結したアクションに結びついていなかった。より購買行動に直結しやすい情報提供を可能にするためには、ユーザの行動状況をきめ細かく把握することが必須だ。

スマートフォン・スマートデバイス・ウェアラブル端末の普及が進み、IoT環境が現実味を帯びてきた現在、それらモバイルデバイスによって検知可能な詳細な行動情報を収集しビッグデータ化することが新たなビジネスチャンスを生み出すと考え、今回のプラットフォームの提供にいたった。

 

【リアルタイム情報収集サービス「LogStream」】

このプラットフォームは、ユーザの行動情報をリアルタイムに収集・蓄積し、その情報を基にして今までにないきめ細やかな情報発信を可能とするクラウド型サービスだ。

「LogStream」はモバイル端末だけでなく、昨今注目を集めているIoTデバイスも含めて搭載しているGPSや、基地局から得られる詳細な位置情報・センサーによる移動速度・移動距離・姿勢情報などを収集しデータ化、ビッグデータとして取り扱えるようにするプラットフォームだ。

収集し一次加工されたデータを解析することで、ユーザの行動を動きレベル(立つ・座る・歩く・走るなど)で認識することができる。さらに、独自のビッグデータ処理ノウハウを活用して、レコメンドシステム・BIツールなどのデータ解析ツール・各種通知サービスなど、データ活用先となりうる外部システムに向けて公開されたインターフェースを通じ、今までにないタイムリーな形で容易な連携を可能にしている。

また、これらサービスを開発実績のあるAWS上に構築しクラウドサービスとして提供することで、迅速な利用開始とリーズナブルなコストを可能としている。

豆蔵ホールディングス、ビッグデータ技術を活用しIoTに対応したリアルタイムデータ収集・蓄積プラットフォーム「LogStream(ログストリーム)」の提供開始を発表

【ビッグデータ モデリング・解析・通知サービス「RecoBee」】

現在開発中のサービス「RecoBee」は、「LogStream」によって収集・蓄積されたデータを基にした行動解析を可能とするプラットフォームだ。収集・蓄積した情報をオープンストリームが持つリアルタイムデータ解析や機械学習技術やAI関連技術を組合せ、従来では考えられなかったより詳細できめ細やかなタイミングや内容の情報発信が可能な環境をサービスとして提供することを実現している。

「LogStream」と組合わせることで、容易にデータを可視化しリアルタイムレコメンデーションなどの機能を実現できる。

「RecoBee」でも各種クライアント向けのSDKを提供することで、簡単に利用可能な環境を提供する予定だ。

豆蔵ホールディングス、ビッグデータ技術を活用しIoTに対応したリアルタイムデータ収集・蓄積プラットフォーム「LogStream(ログストリーム)」の提供開始を発表

今後、オープンストリームはLogStream/RecoBeeを一つの柱として、ビッグデータ、モバイル、クラウド等の技術を統合していくことで新たな価値を提供していく。

 

【関連リンク】
株式会社豆蔵ホールディングス
株式会社オープンストリーム

Previous

オムロン、膨大な画像データからベストな顔写真を素早く検索する「OKAO(R) Vision画像検索ライブラリ」新発売

オムロンヘルスケア、貼り付け型の研究用ウェアラブル生体センサ「ヘルスパッチ(R)MD」発売

Next