トヨタのコミュニケーションパートナー 「KIROBO mini(キロボ ミニ)」、全国のトヨタ車両販売店で発売開始

トヨタ自動車は、コミュニケーションパートナー「KIROBO mini」を全国のトヨタ車両販売店(トヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店)を通じて本日発売した。メーカー希望小売価格は税抜39,800円だ(別途、専用アプリ使用料:月額税込350円が必要)。

同社が、2017年5月より東京都ならびに愛知県の一部販売店にて先行販売を開始した「KIROBO mini」は、以下の特徴を持つ。

  1. 雑談のような何気ない会話や表情、しぐさを一緒に楽しめる
  2. 人とのコミュニケーションを通じて思い出や好みを覚え、その人に合わせて変化・成長
  3. 「いつも一緒」を可能にする座高10cmの手のひらサイズ

そして、ここに4つ目の特徴として、「クルマや家から取得する情報を踏まえた会話が可能」の機能が今回の全国発売に伴って追加となった。具体的には、以下の通りだ。
※先行販売で既に購入しているユーザーは、専用アプリをアップデートすることで、同様の機能が利用可能。

  1. クルマとの連携:成長することで、コネクティッドカーの情報に応じた会話ができるようになる。
    ※プリウスPHV(2017/2~)に11.6インチT-Connect SDナビゲーションシステム(DCMパッケージ)を装着し、かつDCM契約が必要となる。

    トヨタのコミュニケーションパートナー 「KIROBO mini(キロボ ミニ)」、全国の車両販売店で発売開始

  2. 家との連携:成長することで、トヨタホームのスマートハウスから得られる情報に応じた会話ができるようになる。
    ※トヨタホームのスマートハウス(HEMSが搭載され、TSC-HEMSサービスに加入している住宅)が対象となる。

    トヨタのコミュニケーションパートナー 「KIROBO mini(キロボ ミニ)」、全国の車両販売店で発売開始

なお、チェア付キャリーケースがオプションとして購入可能。価格は税抜5,950円だ(本体は含まれない)。

トヨタのコミュニケーションパートナー 「KIROBO mini(キロボ ミニ)」、全国の車両販売店で発売開始
チェア付キャリーケース(オプション)

【関連リンク】
「KIROBO mini」
トヨタ(TOYOTA)

Previous

内閣府のバス自動運転実証実験、ソフトバンク・先進モビリティの「沖縄自動走行バスコンソーシアム」が受託

ゾゾタウン、採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT」の無料配布を開始

Next