タグ・ホイヤー、ブランド初のコネクテッドウォッチを発表

タグ・ホイヤーは9日、Intel および Android Wear™ と共同開発したブランド初のコネクテッドウォッチ「タグ・ホイヤー コネクテッド」を発表した。

 

タグ・ホイヤーの時計をベースにしたデザインのケースにはグレード 2 チタンを採用し、わずか52gの軽量性と耐衝撃性を実現。デジタルダイヤルは3種類(クロノグラフ、GMT、3針)×3色(ブラック、ブルー、ホワイト)から設定できるほか、Androidアプリからのさまざまな情報はクロノグラフ ダイヤルの12時、6時、および9時位置にある3つのカウンター内に表示される。ストラップは黒に加え全7色(別売)で展開。

タグ・ホイヤー、ブランド初のコネクテッドウォッチを発表

Intel® Atom™ プロセッサー Z34XX を内蔵し、Bluetooth、Wi-Fiなど数多くのコネクティビティ オプションが利用可能。

また、Android Wear が提供する多彩な機能を自在に操ることができ、Google Fit、Google Translate、Google Maps、ボイスコマンドの「OK Google」などの基本的サービス機能とアプリはあらかじめ搭載されている。

4 GB のメモリーと、日中のフル使用に耐える最新世代リチウム バッテリーを内蔵している。

また、2年間の保証期間終了後には、1500USドルでタグ・ホイヤーの自動巻き時計に交換することができる。

今後タグ・ホイヤーのオリジナルダイヤルやアプリも随時追加される予定だ。

 

【製品概要】

製品名 タグ・ホイヤー コネクテッド
国内発売日 11月12日(木) ※エスパス タグ・ホイヤーほか全国20店舗で展開
価格 16万5000円(税抜)
仕様 チタンケース、ラバーストラップ、ケース径46ミリ、日常生活防水

 

Introducing the TAG Heuer Connected

 

One Journey with the TAG Heuer Connected

 

【関連リンク】
LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン株式会社
タグ・ホイヤー コネクテッド

Previous

富士通とVMware、クラウド分野でのグローバル協業を拡大

[第14回]Googleが、人工知能ライブラリTensor Flowを無償提供する理由

Next