ソフトバンクとSoC開発のInuitive、AI・IoT分野で協業

ソフトバンク株式会社とInuitive Ltd.は、AI・IoT分野での協業を発表した。

Inuitiveは、3D深度センサーやコンピュータービジョン、イメージプロセッサーなど、AI技術を活用したSoC(System on a Chip)製品の設計・開発を手掛ける。

ソフトバンクとInuitiveは、Inuitiveの3D深度センサーの用途開拓や、Inuitiveが新たに開発するセンサーチップの性能検証、InuitiveのAIチップとソフトバンクのIoTプラットフォームやソリューションとの連携など、AI・IoT分野での協業を検討していくという。

Inuitiveの3D深度センサーの主な用途として、交通量や人流データの解析、構造物の変位・劣化検知、顔認証などが挙げられ、ソフトバンクのIoTプラットフォームやAI、ビッグデータと組み合わせることで、IoTソリューションを提供していくという。

【関連リンク】
ソフトバンク(SoftBank)
イニュイティブ(Inuitive)

Previous

富士通研、Sigfox対応・電池交換のいらないセンサーデバイスを開発

AWS re:Invent2017から、八子氏と共に世界の潮流と今後のIoT/AIを考える ー八子氏はアールジーン社外取締役に就任

Next