デンソーとBlackBerry、自動車用統合HMIプラットフォームを共同開発

株式会社デンソーとカナダのBlackBerry社は、自動車のコックピット内の情報マネジメントを行うHMI(Human Machine Interface)技術として、統合HMIプラットフォームを共同開発した。

今回開発された統合HMIプラットフォームは、2019年以降、順次車両搭載予定で、表示や音声など各種のHMI製品を、最適に連携、協調できるシステムを安価に実現するものだという。

なお同製品の開発には、インテルも協力している。

近年、自動車の安全性や利便性の向上に伴い、車両がドライバーに伝える情報は増加し、車室内には、複数のHMI製品が搭載されている。

それぞれのHMI製品を作動させるためには、その特性にあわせ、個別に複数のOSが必要だ。

たとえば、安全性に関わるメーターには高い信頼性、進化スピードが速いマルチメディアディスプレイには最先端の表示を実現するOSが求められる。

さらに、従来これらのOSは、複数のマイコンで個別に制御されており、表示内容や音声を複雑に連携、協調させることは難しかった。

今回両社が開発した統合HMIプラットフォームは、BlackBerry社製の「QNX Hypervisor(ハイパーバイザー) 」と呼ばれる仮想化技術を、インテルAtomプロセッサーA3900シリーズ(開発コード名:Apollo Lake)に搭載し、自動車のコックピットへ応用した。

ハイパーバイザー技術は、特性の異なる複数のOSを独立化させ、一つのマイコンで統合制御することで、HMI製品同士の連携、協調を可能にし、必要な情報を、適切なタイミングで適切な機器に表示することを実現するという。

たとえば、運転中の車両周辺やドライバーの状況に応じた注意喚起・警告を、わかりやすい表現で、わかりやすい場所(表示器)へ、違和感のないタイミングで表現する。

また、液晶で構成されたメーター画面とセンターディスプレイの連携により、一体感のあるアニメーション表示や、メーター画面内へのナビ画面の一部表示などが可能になるという。

さらには、メーター画面とセンターディスプレイ画面に高い描画力が必要な場合も、一つのマイコンを性能更新することで、双方の機器への描画に必要な処理性能を確保することができ、商品力向上とコストダウンの両立に貢献する。

デンソーは、これまで、メーターやカーナビゲーションシステム、ヘッドアップディスプレイなど、自動車の安全や利便に貢献する様々なHMI製品の開発を行ってきた。

これらの製品開発で培った技術やノウハウを活用し、今後の自動車の進化を支える情報マネジメントHMIの開発に取り組むという。

BlackBerry社は、車載用として初めて、ハイパーバイザー技術の実用化に向け開発を行っている。

今後、デンソーとインテルの持つノウハウや技術とハイパーバイザー技術を組み合わせることで、機能的かつ安全性の高いHMI製品の実現を目指すという。

インテルは、今回の製品開発において、インテルAtomプロセッサーA3900シリーズ用に最適化されたグラフィックス共有テクノロジーを提供している。

この技術を用いることで、安全上重要な3Dワークロードと、そうでない3Dワークロードを同じグラフィックハードウェア上で、優先度を決めてオペレーションすることを目指すという。

【関連リンク】
デンソー(DENSO)
ブラックベリー(BlackBerry)
インテル(Intel)

Previous

GEイメルト会長退任から、IoTは儲かるのか?という疑問を考える[Premium]

衛星・宇宙航空分野にNECのAI技術を活用、ロッキード・マーティン社

Next