建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始

株式会社ランドログは、建設生産プロセス全体をつなぐオープンなIoTプラットフォーム「LANDLOG(ランドログ)」を運用するコマツ、NTTドコモ、SAPジャパン、オプティムの4社からなる合弁会社だ。

同社は本日、「LANDLOG」上において、アプリケーション開発プロバイダ向けAPIの第1弾の提供を開始した。今回提供されるのは「ID管理」や「課金管理」、「データ管理」「デバイス管理」など、あらゆる建設アプリケーションの基礎となる機能だ。

LANDLOGは、建設生産プロセスに関わる地形・建設機械・資材・車両等の様々なデータを集積し、現場の効率化に活用できる形式へと加工した上で一元管理、提供するオープンIoTプラットフォームだ。

詳細は、コマツ 執行役員 スマートコンストラクション推進本部長 四家千佳史氏のインタビュー記事を参照されたい。

コマツが仕掛ける、IoTプラットフォーム「LANDLOG(ランドログ)」。その思惑と、スマートコンストラクションの現状 -コマツ 四家氏インタビュー

LANDLOGは、2018年2月末に正式にスタートする予定だ。LANDLOG上で開発を希望するアプリケーション開発プロバイダは、順次公開されるAPIを活用することで、現場の課題を解決するアプリケーションの先行開発が可能になる。

APIは一定の審査後、秘密保持契約の締結を行ったパートナーに限定し、Web上でのドキュメントで提供される。

今後も、地形情報をさまざまな形式で取得できる「地形API」、建設機械の稼働状況・燃料状況等を取得できる「建設機械API」、スマートフォンを利用し車両管理を行える「車両API」などの新たな機能が順次提される予定だ。

また、本年12月中旬には、ドローンで施工現場を撮影した写真を短時間で3次元データに変換する「EdgeBox」のユーザーテストを開始し、2018年2月末にはオープンIoTプラットフォーム「LANDLOG」を正式にスタートする予定だ。

【関連リンク】
ランドログ(LANDLOG)
コマツ(KOMATSU)
NTTドコモ(NTT docomo)
エスエイピー(SAP)
オプティム(OPTiM)

Previous

KDDI、災害対応向け「ドローン基地局」を活用した通信手段確保の実証実験を実施

KDDI・アイサンテクノロジー・ティアフォー、一般公道での遠隔制御型自動運転システムの実証実験を実施

Next