デンソー、米国のスマートキーベンチャーInfiniteKey社を買収 、幅広いモビリティサービスを視野に

株式会社デンソーは、本年10月に、スマートフォンを車両の鍵として用いるスマートキー/スマートエントリーに関する特許技術を保有する米国のベンチャー企業、InfiniteKey社を買収したと発表。

同買収によりデンソーは、ライドシェアや車両を活用した新サービスなど、幅広い形態のモビリティサービス浸透を見据え、高いセキュリティ性と利便性を兼ね備えたスマートキー活用の事業展開を加速するとしている。

InfiniteKeyは、スマートフォンを車両の鍵として利用するPhone-as-a-Key(PaaK)の先進技術を開発したソフトウェア開発会社だ。

省電力な無線規格であるBLE(Bluetooth Low Energy)を用い、スマートキーシステムに求められる位置特定技術を、省電力、高セキュリティで実現するものだという。

スマートフォンを用いたスマートキーシステムは、従来の車両専用の鍵と異なり、クラウドを活用した一時的な鍵配信が可能だ。

そのため、1台の車両を複数の利用者が使うライドシェアや、駐車時の車両を宅配BOXとして利用する際の宅配業者向け認証など、新モビリティサービスの鍵としても期待されている。

なお、同買収により InfiniteKeyは、デンソーの北米地域本社であるデンソー・インターナショナル・アメリカ内の部門になるということだ。

【関連リンク】
デンソー(DENSO)
InfiniteKey

Previous

BlackBerryとQualcomm、コネクテッド・カーの車載プラットフォーム提供に向け、戦略的提携を拡大

ソフトバンク、NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験を開始

Next