富士通、AIアシスタント搭載デスクトップパソコン「ESPRIMO FHシリーズ」を発売

富士通グループは、個人向けパソコン「FMVシリーズ」の新製品として、デスクトップパソコン「ESPRIMO(エスプリモ) FHシリーズ」2機種(FH90/B3、FH52/B3)を2018年1月18日より発売する。

同製品は、声やチャットによるパソコン内のコンテンツ再生や、家電製品操作など、パソコンを通じて毎日の暮らしを便利にサポートするAIアシスタント「ふくまろ」を搭載している。

また、カスタムメイドモデル4シリーズ4機種についても、富士通ショッピングサイト「WEB MART」にて、本日販売を開始した。

「ふくまろ」は、「暮らしと笑顔をアシストする新しい家族」をコンセプトに、富士通クライアントコンピューティング株式会社が開発した音声解析技術によって、音声会話やチャットでの会話に対応するAIアシスタントだ。

主な機能は以下の通りだ。

  1. コンテンツ再生:
    パソコンの中にある写真や動画、音楽などのファイル名や、DLNA(※1)で接続したHDDレコーダー内にある録画した番組名を「ふくまろ」に話しかけると録画番組を再生する。
  2. アシスタント:
    挨拶や日常会話を楽しんだり、予め登録した地域の天気予報をWEBから収集し、音声と文字で通知する。
  3. 家なかチェック:
    「ふくまろ」の留守番モード設定中にパソコンのある室内で動きを検知すると、パソコンに搭載されているカメラで撮影した室内の写真とメッセージを、Microsoft社の「Skype」をインストールしペアリングしたスマートフォンへ通知する。
  4. 家電コントロール:
    専用のIRコマンダー(別売)を使用することで、テレビやエアコン、照明など家電製品を音声やMicrosoft社の「Skype」がインストールされたスマートフォンから操作できる。

なお、「ふくまろ」およびIRコマンダーは、2017年12月発表モデルに対応するほか、2017年10月発表モデルにも対応(※2)している。

富士通、AIアシスタント搭載デスクトップパソコン「ESPRIMO FHシリーズ」を発売

※1 DLNA:Digital Living Network Allianceの略。パソコン、家電およびモバイルにおいて、LANを通じてメーカ間の機器を相互に接続できる仕組み。
※2 2017年10月発表モデルにプリインストールされているソフトウェア「FMV HC 紹介」をアップデートすることで利用可能。

【関連リンク】
富士通ショッピングサイト「WEB MART」
富士通(FUJITSU)

Previous

KDDI・ゼンリン・富士通、 自動運転向け「ダイナミックマップ」の実証実験を開始

農薬量を1/10以下に削減、オプティムがAI・IoT・ドローンを活用したピンポイント農薬散布

Next