ソフトバンクと3DセンサーのVayyar、IoT分野で協業

ソフトバンク株式会社とVayyar Imaging Ltd.(バイアー・イメージング)は、IoT分野での協業を発表した。

Vayyarは、電波を利用した3Dイメージングセンサー製品の設計・開発を手がける企業だ。

ソフトバンクとVayyarは、Vayyarの製品の用途開拓や、Vayyarが提供するPoC製品とソフトバンクのIoTプラットフォームやソリューション、AI(人工知能)との連携など、あらゆるユースケースに対応するため、IoT分野での協業を開始するとしている。

Vayyarの製品の主な用途として、構造物の変位・劣化検知、人流データの解析・人間の姿勢の判別、遮蔽物内の物体検知などが挙げられ、ソフトバンクのIoTプラットフォームやAI、ビッグデータと組み合わせることで、IoTソリューションを提供していくという。

【関連リンク】
ソフトバンク(SoftBank)
Vayyar

Previous

農薬量を1/10以下に削減、オプティムがAI・IoT・ドローンを活用したピンポイント農薬散布

日立、人の実績データに頼らず自己競争により学習を行うAI技術を開発

Next