デンソー、米ベンチャーActiveScaler社に出資、MaaSエコシステム構築を推進

株式会社デンソーは、AIを活用したManaged MaaS(Mobility-as-a-Service)システムを開発する米国のベンチャー企業ActiveScaler社に出資した。

同出資によりデンソーは、サービスニーズの多様化と効率化への対応が求められるフリート事業者(タクシー・トラックなどの商用車両運用事業者)が、新しいサービスを迅速に開発し市場展開できるよう推進するとしている。

ActiveScalerは同出資により、MaaS運用に必要なシステムを一元的に提供するManaged MaaSシステム開発を加速させる。

ソフトウエアやハードウエアのコスト増、システム統合の複雑化など、クローズドシステム特有の従来型フリート管理システムの課題を解決する、拡張性とモジュール性に優れたアーキテクチャを開発。

ActiveScalerはこれにより、ライドシェアなどの新しいモビリティサービスを手掛ける事業者のビジネスニーズにも対応した、シンプルなシステム実装を実現し、フリート事業者の新サービス開発と、持続可能な事業戦略を支援するとしている。

【関連リンク】
デンソー(DENSO)
ActiveScaler

Previous

ボッシュがマッププロバイダーHEREと協業、焦点はオープンプラットフォームの提供

IoTで介護スタッフの業務効率化、富士通が遠隔見守りサービスを拡充

Next