NTTドコモ、5Gの新サービス創出に向けた「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」を提供

株式会社NTTドコモは、2020年の商用サービスの開始をめざしている第5世代移動通信方式(以下、5G)において、幅広いパートナーと共に新たな利用シーン創出に向けた取り組みを拡大するため、2018年2月21日より「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」を提供すると発表した。

同プログラムには、既に453の企業・団体が参加を表明しており(本年1月5日時点)、NTTドコモはプログラム参加企業・団体に対し、2018年4月より5Gの技術検証環境を無償で提供するとしている。

同プログラムは、パートナーとなる企業・団体に対し、5Gの技術や仕様に関する情報の提供や、パートナー間の意見交換を行う5Gパートナーワークショップの場を提供するものだ。

ドコモが常設する5G技術検証環境においては、5Gの実験基地局装置や、実験移動局に接続する映像伝送機器などを、パートナーに対して無償で提供する。2018年4月にまずは東京都内に開設し、その後も順次拡大を検討していくという。

パートナーとなる企業・団体は、同プログラムへの参加を通じ、2020年に先立ち5Gを用いたサービス構築や検証が可能となる。高速・大容量、低遅延、多数の端末との接続といった5Gの特徴を活かして、自社のサービスの品質向上や新たなサービスの創出に活用できる。

【関連リンク】
「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」参加企業・団体
NTTドコモ(NTT docomo)

Previous

総務省、IoT国際競争力指標(2016年)を公表、日本の競争力は2位に

IoT機器をサイバー攻撃から守る、EGセキュアソリューションズが「無線LAN 脆弱性診断サービス」を開始

Next