ドローンワークス、Windows 10 IoTとMicrosoft Azureを使用したドローン向けクラウドサービス発表。Windows 10 IoT でドローン開発が加速する。

ドローン用国産フライトコントローラの開発・販売及び、ドローン用クラウドサービスを手掛けるドローンワークス株式会社は、Windows 10 IoTとMicrodoft Azureで創られる新たなドローン開発プラットフォームを、2015年11月18日(水)より開催される「IoT Technology 2015」にてMicrosoftブースにて発表・展示する。

 

【背景】

ドローンとクラウドの連携を図るためには、組込みシステム開発、クラウドシステム開発という別々の開発スキームが必要であり、これがトータルシステムとし ての開発を困難にしていた。ここにアプリケーションPCという新規デバイスを追加し、Windows10 IoTプラットフォームで統一化をはかることで、ドローンとクラウドシステムのシームレスな連携を実現した。

より多くのIT技術者にとってドローンの システム開発が身近なものとなり、産業分野におけるドローンの様々な応用が、一気に加速する。

 

【製品・サービスの概要】

ドローンの制御の心臓部であるフライトコントローラにWindows 10 IoT Coreを採用。これにより、各種センサー類からのデータ収集、加工のアプリケーション開発が容易なものとなる。

また画像処理、機械学習等を必要とする場合には、Windows 10 IoT Enterpriseを搭載したアプリケーションPCをドローンに搭載し、フライトコントローラと連動させることで、高度な情報処理を実現することが可能となる。

これらのドローンサイドで収集、加工されたデータは、セキュアなデータ通信を通じて、 Microsoft Azureと連携し様々なクラウドサービスの提供が可能となる。

ドローン,アプリケーションPC,クラウドという3つの開発領域が、Windows 10 IoTというプラットフォームで統一化され、Windows技術者にとってドローンのシステム開発が身近なものとなる。

これは、様々なセンサー、デバイスとドローンの連携の自由度が大幅に拡大することとなり、産業用途におけるドローンのカスタマイズ開発とIoTが加速することを意味する。

 

【関連リンク】
ドローンワークス

Previous

AKA、人工知能コミュニケーションロボット「Musio」日本上陸 発表会開催

IoTとAI(人工知能)

Next