カナダ・オンタリオ州政府が自動車部品メーカーの次世代技術開発を支援、10年間で1,500人の新規雇用を創出

カナダ・オンタリオ州政府は、カナダの大手自動車部品メーカー、リナマー社(Linamar Corporation)が次世代自動車部品の技術開発に5億カナダドル(約440億円)を投資するのを支援して、5,000万カナダドル(約45億円)を助成する。

カナダ連邦政府からの支援と合わせて、合計約1億カナダドルの資金提供をすることになる。この投資によって、オンタリオ州に今後10年間で1,500人分の新規雇用が創出されることになり、既存の約8,000人の雇用も維持される計画だという。

オンタリオ州とカナダ政府が支援するリナマー社の投資プロジェクトでは、以下のことを行うという。

  • 次世代トランスミッションおよびドライブトレインの部品・システムの製造
  • 高効率のエンジン部品の製造
  • 電気自動車およびコネクテッドカー技術の開発と製造
  • 人工知能(AI)やマシンラーニング(機械学習)、協力ロボットおよび部品の軽量化研究に注力する「イノベーション・センター」の設立など

【関連リンク】
リナマー(Linamar)

Previous

3.3センチの小型デバイスで睡眠状態を可視化、エムールの小型睡眠モニター「EMOOR Sleep Dot」

ZMP、宅配ロボット「CarriRo Delivery」の量産に向け戦略的パートナーを募集 ー第1回自動運転EXPO

Next